車載EMC試験CISPR25試験環境モデルを使用した伝導エミッション解析

  • 製品試作前にCISPR25伝導エミッションの解析をしたい方
  • 解析を活用することにより試作評価を効率化したい方
  • 車載機器を設計している方、これから開発検討される方

解析概要

車載機器のEMC試験であるCISPR25の伝導エミッション試験ではシールドルームや電波暗室を利用して試験装置とEUTを適切に設置し、疑似電源回路網(LISN)を用いて電源ハーネスに伝導するノイズ電圧を測定します。これらを適切に解析するためにはモデリングが重要になります。Ansys HFSSでは測定システムを含めたモデルが用意されており、試験対象となる製品モデルを用意するだけで伝導エミッション解析が可能となります。


図1. CISPR25伝導エミッシン解析モデルの例 (電圧法)

図1はCSIPR25 伝導エミッションの解析モデルの例で、ここではEUT(プリント基板)からの伝導エミッションを解析する方法を紹介します。Ansys HFSSのライブラリに用意されている CISPR25 伝導エミッションの試験環境モデルには、ハーネス、支持台が含まれており、これに EUTのモデルを配置し、回路図にLISNとEUTの動作条件を追加し連成解析を実施することでノイズの評価が可能となります。

CISPR25 LISN


図2. LISN(疑似電源回路網)

EMIレシーバ電圧

回路解析と電磁界解析の連成解析を実行してLISN (図2)から得られた解析結果(図3)を確認することができます


図3.ノイズ電圧スペクトラム表示

効果

Ansys 2020R1よりCISPR25の試験環境モデルが提供されたことで、これまで以上に効率的に伝導エミッション解析が可能になり、試作前に解析を実施することでノイズ検証の効率化が行えます。

解析種類

EMC試験解析

対応プロダクト


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ