CYBERNET

解析事例

構造解析

非線形アダプティビティによる3Dリメッシング

こんな方におすすめ

  • ゴム材など大きく変形する問題を効率的に取り扱いたい。
  • 大変形解析の解析精度を向上させたい。

リメッシングを実行するためには、2Dモデルでは四角形または三角形、3Dモデルでは四面体の要素のみでメッシュが構成されている必要があります。


図.四面体要素の細分化

下図のモデルはゴムのシール材を模擬したものです。ゴムは超弾性モデルとして定義されており、その周囲は剛体壁に囲まれております。上面に配置された剛体壁は強制変位によって下方向に押し出され、それによってシール材は大きく圧縮されます。シール材の赤枠で囲まれた領域がリメッシングの対象範囲です。解析の進行に伴いこの部分のメッシュが自動的に細分化され、お互いに接触する面の形状をより滑らかに捉える事が可能となっています。

解析モデル



図.ゴムのシール材(赤枠はリメッシュ範囲)

解析結果


図.リメッシング前

図.リメッシング後

関連する解析講座・辞典

MORE

関連する解析事例

MORE

関連する資料ダウンロード

MORE

Ansys、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。 CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by Ansys under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.