HOME

マルチドメイン(複合領域)ソリューション 適用事例一覧

〜1D-3D連携モデルによるNVHの評価〜自動車足回り設計における車室内音響周波数特性の高速計算

自動車のロードノイズ低減課題に対しては、車室内空間における吸音・遮音設計と乗り心地を左右するバネ下構造設計の連携評価が必要です。この例では車室内空間の吸音・遮音設計後にバネ下構造変更による車室内音響特性変化をMapleSimによる1D(乗り心地性能評価)とWAONによる3D(音響特性評価)の連携ソリューションにより高速かつ効率的に評価しています。

「自動車足回り設計における車室内音響周波数特性の高速計算」詳細へ

車載レンズの熱解析  〜温度変化による光学特性の変化・問題点を事前にシュミレーションで把握〜

車載用の光学系を設計した際、実際の熱の影響による光学性能の低下に悩まされたことはありませんか? 自動車に搭載されている光学系は、非常に大きな温度変化を伴う環境で利用されます。そのため、温度変化による光学特性の変化をあらかじめ評価しておかないと 製品化後に設計性能が出ないなどの問題が発生します。特にオートフォーカス機構が無い場合には、製品化後にフォーカスズレの修正ができないため、致命的な欠陥になります。
光学設計ツールとFEM設計ツールを連携させると、温度変化による光学系の特性を試作レスで解析できます。

「車載レンズの熱解析」詳細へ

〜有限要素法ツールとシステムシミュレーションツールの連携〜Model Order Reductionを使った超音波モータシミュレーション

シミュレーションの対象によっては非線形を伴う部分というのはモデルの中でごく一部であるケースも多くあります。このようなモデルの特徴に着目し超音波モータのモデルを線形部分と非線形の部分とに切り分けて有限要素モデルをリダクションさせることができます。

「Model Order Reductionを使った超音波モータシミュレーション」詳細へ


〜レンズ/イメージセンサ/画像エンジン/画像処理〜ディジタルイメージング画像再現

ディジタルカメラにおいて画質を左右する要因は、レンズ、イメージセンサ、画像エンジン(画像化アルゴリズム)、画像処理まで、複数の要素を含み、バランスの良い設計が望まれます。この例では、レンズ設計とディジタル処理を組み合わせて、トータルな画質を再現するソリューションを紹介いたします。

「ディジタルイメージング画像再現」詳細へ


〜有限要素法ツールとシステムシミュレーションツールの連携〜パラメータ抽出モデルによるモータドライブシミュレーション

パワーエレクトロ二クス技術の向上やモータが活用される分野が広範になるにつれシミュレーションによる設計では、モータの出力特性(出力トルクや回転速度)を精度よく、かつ高速に解く手法が広く求められています。形状や物性を考慮した高精度なモータモデルを、制御設計にも活用できるようなシステムモデルに取り込むことにより、精度と高速性を両立したシミュレーションを実現します。

「パラメータ抽出モデルによるモータドライブシミュレーション」詳細へ


お問い合わせ

マルチドメインソリューションに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

連絡先:mds-info@cybernet.co.jp

お問い合わせフォーム

資料ダウンロードフォーム