From Concept to Deployment
研究開発から設計まで

日々の業務や設計書・設計計算書(Excel) で、お困りではありませんか?

Excel は我々が最も慣れ親しんだソフトウェア。素早く計算ができ、さまざまな部署に展開が可能です。
しかし、その手軽さゆえにミスが生じやすく、またその展開しやすさゆえに誤りも広まりやすいという欠点があります。
また、Excel では数式の可読性が悪く、計算の検証・見直しが非常に難しいという難点もあります。

Maple は文献でみる数式そのままの形で計算が可能です。また、計算のみならず、文章の作成も同一環境で行えます。
周波数応答解析や、データ処理、信号処理解析など、高度な計算にも簡単なコマンドで対応し、結果の可視化も容易です。
数式ベースの計算ツール開発、操作ミスによる誤りも生じにくく、ツールの共有も難しくありません。
Maple は「立案」から「展開」まで、迅速な技術ソリューション開発のための環境を提供します。


Maple が、皆様の業務をサポートします。

計算、文書機能について知る   計算ツール開発について知る   技術文書、計算ツールの共有について知る

研究・開発

Maple は可読性の高い数式入力、高度な計算環境と容易な文書作成環境を提供します。
方程式の求解、伝達関数の導出、またデータの処理など、簡単なコマンドで様々な計算が可能です。

計算環境

Maple は、文献で見たままの数式入力を可能とします。迅速な立式、解の取得が可能です。
数式の可読性が高く、式の見直しも容易なため、無用な手戻りを防ぎます。

Maple は、単位を含む計算が可能です。四則演算のみならず、単位を含む微積分計算にも対応します。
また、単位入力のミスを防ぐため、次元解析機能も持ち合わせています。

プロセスのドキュメント化

Maple は数式を含む文書作成に優れています。背景や仮説を含む技術文書は、プロセスの効率化や知識資産の引き継ぎを今までよりもさらに促進します。研究開発における仮説や結論にいたるまでの工程を文書化することで、部署内や部門を越えての共通理解を安易にします。

Maple 文書は、Word ライクな操作環境を持ち合せています。色分け、フォントの変更など、リッチなドキュメント作成環境を提供します。

実際に Maple で作成した計算式を含む文書を体験してみてください。

Mapleワークシートをダウンロード
ワークシートの PDF をダウンロード

知識の発展と計算ツール作成

基礎研究で得られた信頼性のある数式に対して、設計要件を含めた解の探索や最適解の求解を容易におこなえます。
さらに実験データの取り込みと近似式の取得など、テストと検証のためのデータ処理も可能なため、Maple は製品に沿ったさらなる検討・改善に役立ちます。

Maple は、すべてのプロセスにおいて、数式の見直しが容易です。そのため、基礎研究や応用研究から導かれた数式や解の信頼性が担保されます。

さらに、プロセスを文書化することにより、技術者間のコミュニケーションを円滑にする効果をもたらします。
業務の効率化がなされることで、プロジェクトの時間短縮を図ることができます。

Excel や VBA で作成した計算ツールと異なり、Maple の計算ツールは数式記述での作成となります。
そのため、数式やエラーの特定が容易となるため、ミスや手戻りを最小限に抑えます。

また、Maple ではコマンドによるアプリケーション作成だけでなく、計算ツール作成の GUI 部品の利用で、スピーディーかつ手軽なアプリケーション作成を可能とします。

MapleCloud で体験する
Mapleワークシートをダウンロード
ワークシートの PDF をダウンロード

設計計算

設計の検討をサポートする、簡単な計算から複雑な計算が出来る Maple ベースの計算ツールにより、 詳細設計レベルでの検討の促進をアシストします。
Maple ベースの計算ツールでは、パラメータ値の変更は容易に、ケアレスミスの発生は最小限にします。
高度な可視化機能による異なる値との結果を容易に比較、検討できます。

さらに設計計算ツールとしてのみならず、設計基準書、技術基準書としての利用にも、Maple は皆様の業務をサポートします。

MapleCloud で体験する
Mapleワークシートをダウンロード
ワークシートのPDFをダウンロード

技術文書・計算ツールの共有

ここまでの計算に利用したワークブック、データファイル、画像など様々な形式のファイルは、Maple Workbook の機能で一元管理できます。この機能により、文書の共有を容易にするだけでなく、ファイルの漏れを防ぎます。また、ワークシートや Workbook にパスワード設定できるため、セキュリティ面も安心です。

Maple ワークシートは、PDF への変換も可能です。
また MapleCloud での文書の共有は、ワークシートのダウンロードのみならず、ウェブブラウザでの計算ツール利用を可能とします。MapleCloud は閲覧者を限定することもできるため、アクセスを許可したユーザ間でのみ、ツールの利用や文書の共有を可能とします。
その他にも、無料の Maple Player で計算ツールの利用と文書の閲覧ができます。
もし、MapleCloud での文書・ツール共有に不安がある方々には、MapleNet がより安全な共有環境を提供します。


PDF

Maple は、すべてのプロセスにおいて数式を用いるため、内容の見直しや既存技術の応用・発展のサポートを提供します。
また、優れたドキュメント作成機能が、担当グループを超えた技術者間のコミュニケーションを可能とし、さらなるイノベーションの発展に貢献します。

お問い合わせ

サイバネットシステム株式会社 システムCAE事業部

TEL
03-5297-3255
受付時間 9:00〜12:00 / 13:00〜17:30
※土日祝及び弊社休業日を除く
MAIL
infomaple@cybernet.co.jp
FORM
お問い合わせフォーム

開発元コミュニティ