HOME

BOOKレビュー

数学関連の書籍いろいろ

数学…。本当に苦手でした。高校になったときは、もう、か なりお手上げ状態でした。特に、確率、数列、積分などなど。 数学があまりにもできなかったため国立大学は受験できず、 事実上、進学の道も限られてしまいました。正直、イヤな思い 出しかありません。

さて、数学=逃げるという等式を維持して生きてきてン十 年。今になって何だかこの世に思い残すことがある感じなので す。このまま年を重ね、結局「数学ができないヒト」として死ん でいくのか…。そう思うと、何だか悲しいし、ちょっと悔しい。

と、最近、そういう方々が増えているのか、“やり直し系”書 籍(=広く、せめて高校くらいまでのお勉強はやり直そうよ、 というコンセプトで作られた書籍。今たくさん出版されてい ます)業界では、数学関連モノが活況を呈しているようです。 数学アレルギーさん/苦手さんはかくも世に多いのですよね。

ああ、病気のように薬を飲んで治るものなら、数学嫌いを治 したい。しかし、数学ができるようになるには、何といっても 自力で問題を解いたりせにゃならん。病気で言えば、自己免疫 しか発動できないようなもの。努力が必要です。うーん。

それにしても、何で数学というのはあんなに難しいのか!? それに、あんな風にしか教えられないのか!? もっと、実際の 役に立つということを見せながら教えることはできないので しょうか。何かを設計しながら、あるいは作りながら、とか。 その過程で、数学が無いとこういうふうに困るんだよ。という ところを見せて欲しい。数学の威力を!そうしたら、少しは頑 張ろうという気にもなるのでは? そういう工夫も無く、ただ 問題をむやみに解かせるだけだから、「数学なんてできなくて も、別に困らないし」などと考えて、学校数学からさえ簡単に ドロップアウトする私のようなヒットビトが出てきてしまう のじゃ。と、いくら怒っても始まりませんね。とりあえず今回 のレビューでは、数学関係の書籍を集めてみました。

中経出版刊『忘れてしまった高校の数学を復習する本』(柳 谷 晃著)、『忘れてしまった高校の微分積分を復習する本』(浅 見 尚著)姉妹本です。「高校のときに理解できなかった人、こ れから趣味で数学をやってみたい人、大学生も社会人も、数学 を全く忘れてしまった人でも楽しくやり直せる」とのことで す。この辺りが基礎的なところでしょうか。あと、『高校数学 がまるごとわかる』(間地秀三著 ベレ出版刊)という本も出て います。やってみようかしらん。

『本質がつかめる数学』(長岡亮介著 旺文社刊)というシリー ズも、数IAから数IIB、数IIICまで出ています。何だかタイト ルに惹かれますね。掴みたいです、数学の本質。

お楽しみを兼ねて、という方には、本格的な内容なのにス トーリー性にも優れ、そのためかこの種の書籍としてはとっ ても良く売れて評判になった『数学ガール』シリーズ(I〜IV) を。ゲーデルの不完全性定理の解説まであります。今、確か、 コミック版も出ていたような…。学園コメディの枠組みの中 で数学理論を学ぶ仕組みですが、中身はかなり難しく、個人的 には、このシリーズを読み通すには数学とアルゴリズムにつ いてある程度の知識が要る気がします。まあ、登場人物の恋愛 模様など脇筋とキャラも楽しめますので、数学理論は置いと いてそちらにフォーカスするのも悪くないかな、と…。

『数学をつくった人びと』(I〜III)。人類史の中でキラ星の 如く輝く頭のいい人たち、オンパレードです。何せ、“数学を 作った”人々です。もう、憧れです。こちらも内容はかなり歯 応えあり(ただ、訳があまりこなれておらず、それがやや残念 です)。ほぼ伝記部分しか理解できませんでした。業績解説の 箇所はお手上げです。Vol.1でニュートンを評したライプニッ ツの言葉に仰天!「古代から現在(17世紀)までの全数学の うち、半分くらいはニュートンの作ったものだ」。どこまで偉 大なんだ、ニュートン!(因みに、3大数学者とは、アルキメ デス、ニュートン、ガウスだそうです。4番目は、オイラーと いうのが定説のようです)。

以上、お好みに合わせて読んでみても良いかと。最後にす でに古典ですが、岩波書店刊、遠山 啓著『数学入門』から、は しがきの遠山先生のお言葉を。「20世紀後半の世界に活動す る日本人に必要な数学として、私は一応、微分方程式までと いう線を引いてみた」。び、微分方程式まで要るんだ!? がーん!! 道は遠い…。

『数学ガール/ゲーデルの不完全性定理』

結城 浩(著)

出版社: ソフトバンククリエイティブ(2009/10/27)


『数学をつくった人びと(vol.1)』

E.T.ベル(著)
(田中 勇/銀林 浩 訳)

早川書房ハヤカワ文庫NF(2003/09)


(16/16)