HOME

製品情報

数式処理・数式モデル設計環境「Maple 15」
複合領域物理モデルシミュレーション環境「MapleSim 5」 リリースのお知らせ!

数式処理エンジンやユーザインターフェースの改善により
大幅な計算時間の短縮とストレスのない設計環境を実現

 

「Maple」は統合的な数式・数値技術計算機能を豊富に取り揃えた技術計算システムです。

「MapleSim」は、この「Maple」を計算エンジンに、複合領域(機構・電気・熱・制御等)にまたがるプラントモデリングや1Dシミュレーション環境を実現したソリューションです。この春、この2製品がバージョンアップしました!

「Maple」の数式計算エンジンの大幅改良により、「MapleSim」でのシミュレーション速度も大幅に改善、ストレスのない解析環境を提供します。

Maple 15の新機能

● 計算アルゴリズムの改善

Maple15では乗算や膨大で複雑な多項式処理において、4倍以上の高速化を実現しました。

● 並列処理のパフォーマンス向上

ユーザが意識することなく自動的にマルチコアを利用できる機能が追加され、マシンの性能を最大限に生かした劇的なスピードアップが可能となりました。

● ユーザインターフェースの改良

変数管理やデータ管理などが改善され、更に使いやすくなりました。


MapleSim 5の新機能

● Modelica 3.1サポートの強化

Modelicaライブラリの熱流体、磁力等をサポート!更に電気や機械のコンポーネントも拡充されました。

● ハイブリッドシステムシミュレーションの安定性向上

コード生成ツールの機能拡張により、接触や摩擦のような離散的イベントを含むハイブリッドなシステムでも安定したシミュレーションを実現しました。また、全てのモデルについて最適化されたコードの生成が可能です。

● シミュレーションスピードの劇的な改善と安定化

Mapleの計算アルゴリズム改善により、更なる高速化・安定化を実現しました。


(6/17)