HOME

製品情報

3Dボリュームデータ処理ソフト「INTAGE Volume Editor」

1.INTAGE Volume Editorとは

INTAGE Volume Editor(通称IVE)は、CT、MRI等のDICOM画像、等間隔断層画像を読込み、3Dボリュームレンダリング表示、加工、編集が行えるソフトです。

Pure Ray Casting、3次元線形補間による高画質表示を、インテルマルチコアCPU対応により実現します。

Core2Duo、Quad Core CPUの普及により、そのパフォーマンスは更に向上しています。

1)3Dモード

ボリュームレンダリング表示(VR:図1)、仮想内視鏡表示(VE)、最大値投影表示(MIP)などが行えます。

また、3D上の任意点から自動的に連結成分を抽出/削除できます。


図1 ボリュームレンダリング表示(VR)

2)Fusion(合成)モード(図2)

CT、MRIのような形態画像と、PET、SPECTのような機能画像との合成に使用します。CTとMRIやCTとCTなどの合成も可能です。ボリューム演算により、複数の値を持つ部位を1つのボリュームに合成します。


図2 Fusion(合成)モード

3)サーフェースモード(図3)

VR表示された部位を、ワンクリックでサーフェース表示に変換できます。変換後は、STL形式に保存可能です。


図3 サーフェースモード

2.画像処理から流体・構造解析へ


図4 流体解析例(動脈瘤なし/あり)


図5 構造解析例(歯顎部)

3D化された医用画像は、インフォームドコンセント、術前シミュレーションなどに活用されますが、最近では、形状データの作成に利用され、そのデータを基に、流体解析、構造解析の実用化研究が行われています。

流体解析では血管、気管支を対象とし、特に未破裂脳動脈瘤の形状の違いによる破裂予測の研究が進んでいます。

下記は、血管撮影データをIVEで処理、メッシュ編集(ICEM)、解析(ANSYS-CFX)したものをポスト処理表示(EnSight)した結果です。(図4)

構造解析では、骨、歯などを対象としており、インプラント埋め込み前のシミュレーションへの実用化が期待されています。

下記は、CTデータをIVEで処理、メッシュ編集(AI Environment)、解析(ANSYS)したものです。(図5)

その他、IVEで作成された実人体モデルを基にした、電磁波解析、衝突解析などにも取り組んでいます。


お問い合わせ

ビジュアリゼーション部

E-mail:med-info@cybernet.co.jp

(6/17)