HOME

製品情報

ご注意:Welding.Simの取り扱い・販売は終了いたしました。ご了承ください。

溶接解析支援システム Welding.Sim

Welding.Simは鋼板溶接時の変形を精度よく解析することを目的に、JFEテクノリサーチ株式会社様とサイバネットが共同開発したANSYSのアドオンツールです。

Welding.Simの3つの特徴

● ANSYSによる移動溶接解析

汎用有限要素解析ソルバー「ANSYS」の過渡伝熱解析機能・熱弾塑性解析機能を利用して、移動溶接解析を実施します。溶接条件をウィザード形式にて設定するため、ユーザによる複雑な処理は必要ありません。各時間ステップにおける熱源位置、形状変化を自動的に変更して計算することができます。

● 冷却速度依存性相変態の考慮

鉄鋼においては温度依存による材料変化だけではなく、冷却速度に応じて、生成される組織が変化します。Welding.Simは冷却速度依存性相変態を考慮した解析を実現します。もちろんアルミなど、相変態しない材質に対しても、温度依存性材料特性データを入力して、溶接プロセス解析を実施することが可能です。

● 材料データベースの保有

次の4つの材料について常温から溶融温度までの温度依存性特性データだけではなく、冷却速度と変態開始・終了温度、冷却速度と生成されるミクロ組織割合のデータを提供します。下記材料以外については、JFEテクノリサーチ株式会社様にて材料データの計測が可能です(別途有償)。
SPCC、SCM440、SM490、S45C


ある時刻における温度コンター図

溶接終了後の変位コンター図

2/5

(13/17)