HOME

製品情報

マルチスケールCAEツール「Multiscale.Sim 2.0」

Multiscale.Simは、東北大学・寺田准教授の下、サイバネットシステム(株)、日東紡績(株)、(株)くいんとの3社で共同開発された均質化法を利用したマルチスケール解析ツールです。マルチフィジクス解析ツール「ANSYS」のカスタマイズ製品であり、ANSYS上でミクロ構造とマクロ構造との連成解析を可能にします。従来の有限要素法では困難であった数mmから数μmレベルのスケールにおける非均質性を考慮した解析が実現できます。

主な機能

● 均質化解析

非均質なミクロ構造のモデルを作成して、ANSYS内で数値材料試験を実行し、その試験データをもとに材料物性値を同定します。構造・伝熱・磁場・流体と広範囲の解析タイプに対応しており、Ver.2.0からは線形だけでなく非線形特性も同定可能になりました。

● マクロ解析

同定された材料物性値を実際のマクロ構造モデルに適用して解析を実行します。

● 局所化解析

マクロ構造解析で得られた解析結果は、ミクロ構造内にある応答を平均化したものです。局所化解析では、マクロ構造解析から一部の領域を取り出して結果をズーミング、ミクロ構造内の結果分布を評価します。

製品情報

Multiscale.Sim

マルチスケールCAEツール

お問い合わせ

メカニカルCAE事業部

E-mail:anssales@cybernet.co.jp

2/5

(11/15)