落下・衝突解析板金の深絞り解析

  • 深絞り加工後の形状や、しわの有無、板厚の分布などを確認したい。
  • ブランクホルダー力やパンチの速度などを変更した際の成形後の形状への影響を確認したい。

瞬間的な現象や大きな変形が生じる際に用いる手法である陽解法を使用し、ブランクは弾塑性体、パンチ・ダイ・ブランクホルダーは剛体として解析を行っています。
解析時には、ダイを固定、ブランクホルダーに力を負荷しブランクを抑え、パンチに速度を負荷することで深絞り加工を行っています。

解析モデル


図.深絞り加工のモデル

解析結果


図1.ブランクの相当応力分布

図2.ブランクの全ひずみ分布

図3.ブランクの相当塑性ひずみ分布

図4.ブランクの板厚分布

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ