クラウドセキュリティ(CASB)

〜クラウドサービス、テレワークPC利用企業様、必見〜
テレワーク時代に必要な「ゼロトラストセキュリティ」とは

テレワーク時代に必要な「ゼロトラストセキュリティ」とは

近年、SaaSをはじめとするクラウドサービスを利用する機会が急増し、自宅などの社外から社内ネットワーク外にあるアプリケーションを利用することも少なくありません。そのため、ファイアウォールやプロキシサーバーなどで「内/外」の境界を引き、社内ネットワークを守るという従来型の境界型セキュリティ対策では重要な情報資産を保護するには不十分です。

そこで注目されているのが、「ゼロトラスト」という新しいセキュリティモデルです。ネットワークの境界を排除し、守るべき情報資産にアクセスがある時は必ず「どこから、どの端末で、誰がアクセスしようとしているのか」を検証し、安全が確認されたものだけにアクセスを許可することで、脅威を防ぐというモデルです。場所やデバイスを選ばずいつでも安全に、企業の情報資産にアクセスできることは業務効率化の観点からも革新的といえます。

本セミナーでは、場所やデバイスを選ばずに、安全にクラウドサービスや社内システムにアクセスするために必要なセキュリティ対策として注目されている「ゼロトラストセキュリティ」の概念から、OneLogin(IDaaS)/MobileIron(EMM)といった具体的なサービスを用いた実現方法を紹介します。

開催概要

会場 本イベントはZoomを用いたWebセミナー形式での開催となります
対象者 ・企業/所属団体の情報システム部門のご担当者様
・企業/所属団体のサイバーセキュリティ部門のご担当者様
・テレワーク時代のセキュリティ対策を柔軟に実施したいとお考えの方
※同業の方、および個人事業主の方につきましては、ご参加をお断りさせていただいております。
費用 無料(事前登録制)

お申し込み / 開催日時

必要なシステム要件

プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4Gb
サウンド 音声を聞くためのサウンド機能が必要
OS MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
Windows 10
Windows 8または8.1
Windows 7
SP1以降を搭載のWindows Vista
SP3以降を搭載のWindows XP
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
Win 8.1を実行するSurface PRO 2
Win 10を実行するSurface PRO 3
iOSとAndroidデバイス
BlackBerryデバイス
ブラウザ Windows:IE7+、 Firefox、 Chrome、 Safari5+
Mac:Safari5+、 Firefox、 Chrome
Linux:Firefox、Chrome
インターネット回線 インターネット接続−有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)
お気軽にお問い合わせください
資料ダウンロード ご相談・お問い合わせ
03-5297-3487 (平日 9:00〜17:00)