VMware社によるCarbon Black社買収

両社の強みを活かした新たなソリューションへの期待

先日、Carbon Black社からVMware社による買収に最終合意したとのアナウンスがありました。
VMware社は、ITの仮想化技術をベースにクラウドのインフラソリューションを販売する世界的企業です。
以前より仮想データセンター内に展開されているアプリケーションの保護を目的に、VMware社のAppDefenseとCarbon Black社のセキュリティソリューションがシームレスに連携するCB Defense for VMwareを開発・販売してきた実績があります。

今回の買収により、エンドポイントセキュリティ業界をリードするCarbon Black社のソリューションと、VMware社がもつAppDefenseやWorkspace ONE、NSX、SecureStateをはじめとするクラウドのセキュリティソリューションが融合されることで、各種クラウドやデバイス上で動作するアプリケーションのための最新のセキュリティ・クラウド・プラットフォームが創出されるようになります。これにより、最先端の脅威検知とアプリケーションの挙動に関する深い洞察が提供され、高度な攻撃を阻止し、対応が迅速化されることが期待されています。

当初はVMware社のソリューションにCarbon Black社の技術が組み込まれることになると考えられますが、これはCarbon Black社が誇る強力なセキュリティプラットフォームであるCB Predictive Security Cloud(PSC)の利用者が、VMware社が世界中に持つ50万以上の顧客と7000万以上の仮想マシンの顧客にも広がる可能性があります。
これにより世界中から集まる膨大な情報から脅威の判定が行えるため、Carbon Black社製品をご利用のユーザー様にも大きなメリットがでてくることが想像できます。

製品戦略や契約に変更なし

買収完了後もVMware社は独立した事業として存続する予定であり、製品戦略、ロードマップ、サポート体制、製品ポートフォリオに変更はなく、Carbon Black社とユーザー間の契約も継続されます。VMware社はCarbon Black社への投資を積極化し、両社の強みを活かしたソリューションを継続的に提供していくことをアナウンスしています。今後も安心してCarbon Black社製品をご利用ください。


VMware Carbon Black Cloud Endpoint Standardとは

VMware Carbon Black Cloud Endpoint Standard(旧CB Defense、以下Endpoint Standard)は、あらゆるサイバー攻撃からコンピューターを保護する次世代アンチウイルス+EDRソリューションです。マルウェア攻撃だけでなく、メモリやPowerShellなどスクリプト言語を悪用する非マルウェア(ファイルレス)攻撃などをブロックするとともに、万一の際にも侵入状況の把握やその対応を行うことができます。

詳しくはこちら

様々な企業が「VMware Carbon Black Cloud」を活用しています


株式会社ユーシン精機様
運用負荷をかけることなく、24時間365日エンドポイントセキュリティ強化を実現

スマートニュース株式会社様
脅威を分かりやすく可視化 運用も容易な次世代アンチウイルス+EDRを選択



HRBrain様
CB Defense導入の決め手になったのは、「Mac対応」と「EDR」が次世代アンチウイルスに統合されていた点

NTTスマイルエナジー様
CB Defenseの導入で「マルウェア等の最新の脅威から守られているという安心感」を得ることができた


ご相談、ご質問はこちら
お急ぎの場合はこちら
03-5297-3487
受付時間 平日9:00-17:00
※弊社特別休業日を除く
製品資料、導入事例はこちら
価格お問い合わせはこちら
まずはお試しください

 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  資料ダウンロード