お問い合わせ

設計・デザインレビュー(DR)
の煩雑さを解消!
〜開発プロセスにおける円滑な
意思疎通や迅速な意思決定のための
VRシステム〜

プロダクト開発は、構想からデザイン・設計・試作・テスト・生産と複数のフェーズにおよび、関係者・部門も多岐にわたります。この長いプロセスの中でスムーズに協調作業を行い、手戻りを最小限にとどめることが、ビジネスにおける正確・迅速な意思決定の上でも、そしてコストや納期の面においても大きな課題です。

解決すべき3つの課題

1.ステークホルダ間の意思疎通や、開発プロセスの手戻り

プロダクトの構想段階では、デザインや設計などで関係者間の意思疎通を図る作業が中心となります。このフェーズでは、「試作などの後工程に入った段階で、製品のサイズ・デザイン・設計した部品配置などが開発責任者や経営層などの承認を得られない」というリスクが起こり得ます。

2.試作後に判明する課題による開発コストの肥大化

試作確認のフェーズでは、試作を検証した際に組み付け作業のしやすさや作業姿勢確認などによって問題が発見されることがあります。問題が生じたらそのたびに設計を修正し、試作品を再製作しなければなりません。試作には膨大な時間と費用が必要です。

3.「遠距離の問題」による移動時間・出張コストの発生、意思決定の遅延

設計部門と生産部門が離れていたり、海外の拠点やパートナー企業と開発するなどのケースでは、関係者間のやりとりに移動が伴うため、「距離の問題」が発生します。これには移動時間や出張費などのコストだけでなく、開発スケジュールの長期化や意思決定タイミングの遅延といった弊害もあります。また、昨今のコロナ禍の影響で移動自体も難しい状況です。

VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」が、
現場の具体的な課題を解決します。
資料ダウンロードフォームへ

VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」
を活用した解決策

VR設計レビュー支援システム「バーチャルデpxンレビュー」 は、3次元CADなどの設計データをバーチャルリアリティ(VR)空間で再現し、場所の離れた複数メンバーでレビューできるソリューションです。お客様の課題解決をお手伝いします。
「バーチャルデザインレビュー」の詳細はこちらを参照してください。

1.ステークホルダ間の意思疎通の精度を高め、開発プロセスの手戻りを回避

「バーチャルデザインレビュー」なら、CADやCAE上にある3D形状をVR空間内に実寸大で表示し、複数人でデザインレビューを行うことができます。基本コンセプト段階のデザイン、設計イメージなどの仕様を、開発初期の時点でステークホルダーにも具体的に共有・確認してもらうことが可能です。

2.試作後に判明する課題が予見でき、開発コストの肥大化リスクを低減

「バーチャルデザインレビュー」はSolidWorksやAnsys®など様々なCAD/CAEのソフトウェアに対応しており、シームレスに3Dデータのレビューを行うことが可能です。「ウォークスルー機能」「任意断面作成」「干渉チェック機能」を使えば試作前に部品組み付け作業性を確認し、製品の課題や修正箇所などを洗い出せます。

3.「遠距離コミュニケーション」を円滑にすることで、迅速・正確なレビューを実現

「バーチャルデザインレビュー」なら、表示したいCAD/CAEデータからVR用データを作成する手間をかけることなく、離れた場所でもリアルタイムで同一VR空間上にあるバーチャルな製品を確認できます。また、「コロナ禍中のため海外渡航ができない」といった、社会問題におけるBCP (事業継続計画)対策としても有効です。

資料ダウンロード

VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」が、現場の具体的な課題を解決します。
資料ダウンロードフォームへ

関連ソリューション

さらに詳しく

お気軽にお問い合わせください

AR/VRのご相談やお見積り依頼などお気軽にご連絡ください。