IT資産管理ソフトウェア


セキュリティ管理デバイス制限管理

記憶デバイスや通信デバイスの使用を制限。柔軟な設定による効果的な情報漏えい対策が可能。

USBメモリなどの記憶デバイスを制限し、情報持ち出しを防止

USBメモリやCD-ROMなどの記憶デバイスの利用を制限し、情報の持ち出しを防ぎます。「使用禁止」「読取専用」などの制限ポリシーを、デバイスの種類や、部門など、条件を組み合わせて作成できます。

使用状況のモニタリングなど段階的な制限設定が可能

ログ取得のみで制限はしない「モニタリングモード」で使用実態を把握したうえで、まずは無断使用の注意喚起からはじめ、制限を強めていくといった運用も可能です。

WPD機器や、シリアル番号のないSDカードも制限可能

スマートフォンやSDカードなど様々なデバイスに対応し、幅広い運用が可能です。

一時的な使用許可や、オフライン端末など様々な環境での運用に対応

デバイスの利用を制限しているPCで、一時的にデバイス利用を許可することができます。社内ネットワークに接続されていないPCで一時的にデバイス利用を許可する場合は、管理者がパスワードを発行し、該当PCにパスワードを入力すれば許可できます。

オフライン端末のデバイス利用制限にも対応

重要情報を扱うPCを社内のネットワークから切り離し、オフラインで使用する場合でも、他の機器と同様にデバイスの利用制限とログの取得ができます。無線LANなど通信デバイスの利用も制限でき、私物のルーターなどによるネットワーク接続も防止できます。

ワイヤレスネットワーク接続制限や、Bluetoothなど通信デバイスの利用を制限

管理対象PCからのワイヤレスネットワーク接続を監視・制限できます。指定のSSIDのみ接続を許可し、それ以外のSSID(公共のWifiやテザリングなど)への接続を禁止するなど、ポリシーに沿った柔軟な運用が可能です。

Bluetoothや無線LANなど、通信デバイスからの情報漏洩を防止

USBメモリなどの記憶デバイスだけでなくBluetoothや無線LANなどの通信デバイスの使用も機器やユーザー、部署ごとで制限できます。制限をかけず、使用状況のモニタリング、または警告メッセージのみ表示するなど、状況にあわせた運用が可能です。

SS1 機能一覧
基本機能 オプション機能
資産管理
機器管理
システム管理
ソフトウェア管理
契約管理

運用支援
PC運用機能
SS1運用機能
セキュリティ管理
未登録PC管理
ネットワーク遮断
デバイス制限管理

運用支援オプション
Active Directory連携
リモートコントロール
ソフトウェア資産管理
インシデント管理
ワークフロー
ログ管理
Web閲覧ログ・閲覧禁止設定
SNS利用制限
電子メール送受信ログ
PC操作ログ
印刷ログ
サーバーログ管理
ログレポート
動作環境