有機ELソリューションセミナー 製品紹介

ひとつ前に戻る

Paios

たった1クリックでインピーダンス分光やPhoto-CELIV、ダークインジェクション、IV特性など多岐にわたる実験を瞬時に実行します。一貫性のある詳細な測定データを取得し、結果をソフトウェア上で直接比較すれば、研究スピードを加速できます。

こんな課題はありませんか?

測定効率化

  • 複数台の測定器を利用しているため煩雑であり、
    また測定誤差にもつながるため効率よく測定したい。

ソリューション

Paiosは1台で有機ELデバイス評価に必要な測定を行えます。
Paios 製品情報

Setfos

有機EL・太陽電池のパフォーマンスは、多層膜構造の電気的および光学的プロセスによって決定します。Setfosは、それらの物理現象を包括的にシミュレーションできるソフトウェアであり、有機EL・太陽電池の研究開発を支援します。

こんな課題はありませんか?

ディスプレイの色域拡大

  • 青色発光材料のみでOLEDを作製して、量子ドットで青色を緑・赤に変換してフルカラーディスプレイを作るためのシミュレーションを行いたい。

ソリューション

量子ドットは、ディスプレイの色域を拡大するために使用されます。
Setfosは、ナノクリスタルと光学環境の間の相互作用をシミュレートすることができます。
Setfos 製品情報

Laoss

大面積太陽電池やOLED(有機発光ダイオード)の性能解析において、電極の影響をシミュレートします。Laossを使用して、電極の形状を最適化したり、高い導電性グリッドにより生じるシャドーイング効果とオーム損失の両方を最小にしたりすることが可能です。

こんな課題はありませんか?

陰極の低抵抗化

  • 抵抗が高いと電圧降下によるムラが生じる可能性があり、補助配線などを用いたシミュレーションを行いたい。

ソリューション

OLEDやPVにおける電極設計の最適化が可能です。上部電極における電位分布は、金属グリッドを含めて最適化できます。LED照明パネルや大面積太陽電池に適しています。
Laoss 製品情報

Phelos

Phelosは、OLEDのスペクトルを広範囲の角度で自動で測定します。発光効率を計算したり、偏光特性の測定・解析により、デバイス内部の発光分子などのパラメータ情報を得ることが可能です。Phelosはスタンドアローンの測定器として、或いはPaiosの電気測定プラットフォームと接続して使用することもできます。

こんな課題はありませんか?

シミュレータ連携

  • 単に測定結果のデータを得るだけでなく、デバイス内部のパラメータを知りたい。

ソリューション

PhelosはSetfosとインターフェースがあります。これにより有機EL内部のダイポールの配向を求める事ができます。
Phelos 製品情報

Litos

太陽電池やOLEDなどのデバイスのストレステスト(耐久試験)を自動で測定できます。4つの気密性耐久試験室に配置された最大32のストレスチャンネルで構成されています。 各サンプルに個別の温度(および照射)制御が可能です。Paiosソフトウェアとの インターフェースを利用できますので、デバイス劣化の挙動の研究に役立ちます。

こんな課題はありませんか?

耐久試験の効率向上

  • 複数個のサンプルを同時に試験したい。

ソリューション

Litosは4サンプル×8ピクセル=32デバイスを同時に測定できます。
Litos 製品情報

ひとつ前に戻る

 


お問い合わせ