ディレクトリ連携

OneLoginは、利用中のActive Directory (AD)、LDAPからリアルタイムにアカウント情報をOneLoginに反映させます。新しい社員がADに追加された場合、即座にOneLoginにもアカウントが追加されます。同様にADのアカウント削除するとOneLoginのアカウントもリアルタイムに削除されます。

専用サーバーは不要

Active Directory(AD)の場合、OneLogin Active Directory Connector(ADC)をADのメンバーサーバーに導入するだけで、ADのアカウント情報と連携します。

複数ドメイン、複数フォレスト対応

OneLogin Active Directory Connector(ADC)は、複数のドメイン、フォレストの環境にも対応します。また、ADとLDAPとの混在構成も可能です。ADCは冗長構成が取れますので、プライマリのADCダウン時に自動的にセカンダリのADCに動作を継続させる運用が可能です。

リアルタイム連携

Active Directoryとの同期では、アカウント作成や変更などをリアルタイムで反映可能です。 ユーザーアカウントを利用不可能にする場合もリアルタイム同期され、OneLogin上のアカウントも直ちに停止もしくは削除されます。

パスワード同期

Active DirectoryとOneLoginでパスワードを同期することができます。

SSLによる接続

ADCとOneLoginの間はSSLを利用して通信するため、アカウント情報は安全です。また、ネットワークの設定も必要ありません。

LDAPへの対応

OneLoginのLDAP Connectorを利用するとお客様のLDAPとOneLoginとのユーザー連携が可能になります。LDAP ConnectorはJava実行環境(JRE)上で動作します。


関連ページ:

もはや対象は社内システムだけではない!クラウド時代に求められるアクセス管理とは?
クラウドサービスも社内のユーザー管理と統合したい!この望みを叶えるAD連携の“賢い実現方法”とは


 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格  資料ダウンロード