IT資産管理ツールの比較・相談ならIT資産管理の窓口


IT資産管理とセキュリティAdobe Flashが2020年にサポート終了へ。対策すべきこととは?

Adobe Flashのサポートが2020年12月31日をもって終了されることがアナウンスされました。かつては、Webサイトでアニメーションや音を鳴らすなど、動きがあるコンテンツを作成するために利用されていた技術ですが、セキュリティ脆弱性の問題や、スマートフォンでサポートされなくなったこと、Flashに変わる新しい技術の登場などが理由でサポート終了となります。特にセキュリティ脆弱性の問題は深刻で、DoS攻撃やクロスサイトスクリプティングの的にされるたびに対策を取る、といったことを繰り返しており、最近でもFlashはサイバー攻撃の的にされることが続いています。

このようなセキュリティ脆弱性の問題を抱えやすく、攻撃の対象にされやすいアプリケーションのサポートが終了するということは、サポート終了後に脆弱性が発覚してもベンダーによる対策がなされないことを意味しています。そこで、企業のセキュリティ担当者が対処すべきことは、サポートが終了したソフトウェアをPCから速やかにアンインストールすることと、万一アンインストールが漏れていた場合や、PCが攻撃の対象になったとしても、PCを保護する仕組みを導入しておくことが重要です。

これらの対策を効率的・確実におこなうにあたり、サイバネットではIT資産管理ツールや次世代アンチウイルス製品が有効と考えます。

1.アプリケーションの強制削除

IT資産管理ツールには、指定したソフトウェアの強制アンインストールや起動制限をかける機能があります。この機能を利用することにより、今回のAdobe Flashにようにサポート終了するアプリケーションをユーザー任せにすることなく、速やかにアンインストールすることが可能です。また、PCにソフトウェアのアップデートパッチを配布したり、インストールされているソフトウェアの種類やバージョンを把握することも可能で、ソフトウェアを最新バージョンに保つなどの管理が可能です。

昨今のテレワークの普及により、オフィス外でPCを利用することも増えておりますが、業務に関係のないソフトウェアの利用や、閲覧できるWebサイトを制限したりすることもIT資産管理ツールで可能です。

IT資産管理ツールの機能をもっと見る

2.サイバー攻撃からPCを保護

Flashのサポート終了に合わせて、Flashの削除漏れを狙った新たな攻撃が予想されます。サイバー攻撃は日々高度化しており、Flashの脆弱性を狙ったファイルレス攻撃は従来型のシグネチャーをベースとしたアンチウイルスでは対応できず、一度侵入を許すとその後の対処ができないという弱点がありました。

そこで注目されているのが次世代アンチウイルスです。プロセス、アプリケーション、ネットワーク、ファイルなど一連のイベントの流れをリアルタイムで解析し、侵害の可能性を評価します。次世代アンチウイルス製品のVMware Carbon Black Cloud Endpoint StandardであればEDR機能も備えているので、仮に侵入された際にも感染範囲や侵入経路の特定も可能な他、最終的にPCを復旧させることも可能です。

EDRを備えた次世代アンチウイルス「VMware Carbon Black」をもっと見る

関連セミナー

いますぐ視聴できるオンデマンドセミナー 個別相談会あり!定期開催オンラインセミナー

15分で
わかる

機能別IT資産管理ツール解説セミナー
〜比較ポイントをご紹介〜

60分で
徹底解説

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー
〜選定ポイントを徹底解説〜

IT資産管理ツールの中でもニーズが高い「デバイス管理」や「ログ管理」機能などをピックアップして、機能ごとに各ツールの特長を15分で解説いたします。 選定時に必ず比較対象となるSKYSEA Client Viewや LanScope Cat、SS1などの売れ筋 IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催します。それぞれの特長や機能を比較いただきながら、自社に最適な IT資産管理ツールの導入検討にお役立てください。

セミナー詳細・お申込み

セミナー詳細・お申込み

関連記事

サードパーティー製品へのパッチ配布を
効率化するには
マイナンバー制度施行にともなう
セキュリティ強化
持ち出しPCのセキュリティ対策 なぜ、操作ログ取得ツールが必要なのか IT資産管理ツールとCASBの役割の違いとは テレワーク時のIT資産管理ツール活用 強固なセキュリティを確保しやすいChromebook Adobe Flashが2020年にサポート終了へ。
対策すべきこととは?

IT資産管理ツール

クラウド型IT資産管理/MDM
サイバネットクラウド

国内外にあるPCとスマートデバイスの資産管理・セキュリティ対策を一元管理できるクラウドサービス。

IT資産管理・情報漏えい対策ツール
LanScope Cat

国内14年連続トップシェアを誇るネットワークセキュリティ統合管理ツール。

クライアント運用管理ソフトウェア
SKYSEA Client View

IT資産の運用管理に不可欠な機能を集約。業務の効率化と情報漏えいリスク軽減を実現するクライアント運用管理ソフトウェア。

統合IT資産・セキュリティ管理
Ivanti シリーズ

グローバルで19,000社の実績をもつ統合IT資産・セキュリティ管理ソリューション。

資産管理・セキュリティ統制
QND Standard/ Advance

社内のIT資産管理を支援するツールとして必要な機能を網羅したオールインワンパッケージ。

IT資産管理ソフト
SS1

基本機能とニーズにあわせ選んで導入できるオプション機能で初期投資をおさえ、低コストで導入可能なIT資産管理ソフトウェア。

関連オプション

クラウド型ソフトウェア資産管理
SMART@SAM

"ソフトウェア辞書・ライセンス管理マスタ"をクラウド上に実装しており、短期間でライフサイクルプロセスに対応したSAM管理台帳機能の導入・運用が可能。

個人情報検出・管理ソリューション
P-Pointer

ルールに違反しているファイルを探し出し、ルール通りの対処を施す新しいコンセプトの個人情報検出、管理ソリューション。

ハードディスク暗号化
Check Point Full Disk Encryption

ハードディスク全体を自動的に暗号化し、PCの盗難・紛失時、また悪意ある第三者によるハードディスク・データ読み出しから貴重な情報を保護します。

次世代アンチウイルス+EDR
CB Defense

従来型だけでなく、未知のマルウェア(ファイルレス)攻撃にも対応でき、EDR機能も備えている次世代型アンチウイルスです。

製品比較デモ・製品比較のサポートについて

特定のメーカーに縛られないマルチベンダー対応で、複数製品を同じレベルでご説明、製品デモンストレーションすることができます。公平中立な立場でお客様に最適なツールをご提案いたします。

セミナー・イベント
オンラインセミナー
テレワーク時代に必要な「ゼロトラストセキュリティ」とは
会期:9月10日(木)
オンラインセミナー
CASBって何?クラウドセキュリティ入門セミナー
8月27日(木)、9月30日(水)
オンラインセミナー
次世代エンドポイントセキュリティ対策セミナー
8月26日(水)、9月24日(木)
オンラインセミナー
売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー
8月25日(火)、9月17日(木)
オンラインセミナー
手軽に実現!テレワークPCのセキュリティ対策
会期:8月21日(金)
オンラインセミナー
VPN機器不要のクラウド型リモートアクセスとは
会期:8月20日(木)、9月25日(金)
オンラインセミナー
海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用
会期:8月19日(水)、10月27日(火)