CYBERNET

資料ダウンロード

構造解析

緩衝材解析ソリューション

~AnsysLS-DYNAを活用して最適な形状を求める~

このようなニーズはありませんか?

・緩衝材開発にかかるコストと時間を削減したい
・運搬コストと環境負荷を低減できる緩衝材を開発したい

家電製品等を運搬する際に、製品を破損から守るために緩衝材が用いられています。
運搬中に受ける振動や衝撃を予測し、それに対応できる設計が重要となります。
さらに、可能な限り緩衝材の面積を少なくすることで、運搬コストや環境負荷の低減につながります。
最適な緩衝材の設計のためには実験コストや開発期間もかかるためシミュレーションで事前予測できることが求められています。

ソリューションの概要と特長・効果

本ソリューションは、AnsysLS-DYNAを活用して緩衝材の材料選定や形状検討を実施します。
実際にモノを作る前にシミュレーション上で落下試験を行うことで効率的な緩衝材開発ができます。

関連する製品

MORE

関連する解析講座・辞典

MORE

関連する解析事例

MORE

関連する資料ダウンロード

MORE

Ansys、ならびにANSYS, Inc. のすべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、ロゴ、標語は、米国およびその他の国におけるANSYS, Inc. またはその子会社の商標または登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、サービス名、機能名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。本ウェブサイトに記載されているシステム名、製品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。 CFX is a trademark of Sony Corporation in Japan. ICEM CFD is a trademark used by Ansys under license. LS-DYNA is a registered trademark of Livermore Software Technology Corporation. nCode is a trademark of HBM nCode.