物理現象の正確な定義と光学性能の高速シミュレーションを可能に
3次元光学解析ソフトウェアSpeos & VRソリューションVRXPERIENCE リリースWEBセミナー

WEBセミナー(無料)

精密さが要求される光学系製品の設計においては、光の反射、レンズの曇りや映り込みのほか、素材による透過具合などの物理現象を正確に定義し、モデル全体の光学性能を高速にシミュレーションすることが、開発期間短縮のカギとなります。

Ansys Speos は、バーチャル上での視覚/視認性の仮想評価が可能な3次元光学解析ソフトウェアです。照明性能評価のみならず、人間工学指標評価、光学センサーのシグナル生成、非可視光波長における検証など、その適用範囲は多岐にわたります。

自動車のヘッドランプ、空間照明、UV/IRデバイス等の設計において Speos をご活用いただくことでどんなことが実現可能かについて、具体例を交えながらご紹介いたします。

VRソリューション VRXPERIENCE

こんな方にオススメ
● 空間照明、カメラ、ディスプレイなどの光学製品開発/設計に従事されている方
● ドライブシミュ―ション(ADAS、自動運転評価、見栄え評価)に関わっている方
● 開発期間の短縮と、シミュレーションの高精度化に取り組まれている方

セミナー詳細

本セミナーは下記の 3 部で構成されています。

第一部:3次元光学解析ソフトウェアSpeosの紹介

  • 迷光解析、3Dテクスチャ、イメージテクスチャ、 3Dエネルギー密度などの機能紹介
  • Speos HPCにおける分散計算の仕組み Ansys Cloud のご紹介
  • レンズ内の光路を模式化する Speos Lens System の仕組み
  • ヘッドアップディスプレイ機能のご紹介
  • optiSLangを使用した Ansys Speosのパラメータ最適化

第二部:Speos バーチャルバリデーション事例のご紹介

  • 自動車のエクステリア/インテリアにおける適用例
  • 一般/建築照明におけるレンズ形状による照度と配光の違い
  • さまざまな材料特性、光源、条件におけるオフィス室内のバーチャル検証
  • 光学的効果 、照明条件、電子処理の異なるカメラ撮影のシミュレーション

第三部:動的評価ソリューション AVxcelerateの紹介

※事前にご案内していた「VRソリューション VRXPERIENCEの紹介」からタイトルを変更しております。ご紹介する製品の名前がAVxcelerateに変更されたためです。

Ansysが提供する物理ベースのヘッドランプ/センサシミュレーションのご紹介

  • 路面の輝度値・照度値を考慮したランプ機能のシミュレーション
  • 物理現象 (光学・電磁界) に忠実なセンサモデル
  • エミッタパルス形状や角度分布、 ビーム発散度、受光部のレンズ特性などを考慮したLiDAR モデルシミュレーション

日程・お申し込み

※セミナー内容は同一の内容となっております。
 お一人様1回のお申込みでお願いいたします。


お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
ご理解の程お願いいたします。
ベンダー様、競合企業様
個人(Gmailなどフリーメール)でお申込みの方

開催概要

開催形態 Zoomを用いたWEBセミナー形式での開催となります。
主催 サイバネットシステム株式会社
共催 アンシス・ジャパン株式会社 様
受講料 無料 (WEB事前登録制)
定員 各回100名
注意事項 ・各セミナーの録音・録画は一切禁止とさせていただいております。
・申込者以外の第三者への視聴URLの転送や共有はご遠慮ください。
・各セミナーの終了時刻は、講演内容により多少前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。

推奨視聴環境

以下よりご確認ください。

Windows、macOS、Linuxのシステム要件 (Zoom)

 

 


お問い合わせ