CASBはなぜ必要か?Boxの利用事例に学ぶクラウド時代のセキュリティ対策

クラウドサービスの利用が急速に増えております。例えば、メールはOffice 365、ファイル共有はBoxなど複数のサービスを利用している企業は少なくありません。このような環境では、セキュリティ対策を徹底する必要がありますが、簡単ではありません。サービスごとにセキュリティ対策を設定する必要があるだけでなく、IT部門を介さずにユーザー部門が自ら契約する、いわゆる“シャドーIT”として使われることが多いためです。さらには、個人アカウントの利用抑制なども求められます。

本セミナーでは、Box利用が急速に伸びている現状から、企業に求められるクラウド時代のセキュリティの全体像、さらにはCASB/IDaaSといった具体的なクラウドセキュリティ対策をご紹介いたします。

本セミナーはご好評につき、当初の定員(30名)を超過したため、50名まで増席しました。

こんな方におすすめです
  • Boxを利用中/これから利用を検討されている方
  • クラウドサービスを複数利用しており、セキュリティ強化を図りたい方
  • ユーザーによる機密情報の勝手なアップロードと社外との共有を防ぎたい方

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせていただく場合がございます。該当のお客様には、セミナー開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせていただきますので、ご理解の程お願いいたします。

※ベンダー様、競合企業様、個人(事業主含む)でのご参加の場合

開催概要

会場 富士ソフト アキバプラザ セミナールーム3
会場までのアクセスはこちら
共催 マクニカネットワークス、Netskope、サイバネットシステム
定員 50名(好評につき定員増加)

アジェンダ

Boxで実現するデジタルワークブレイスによる変革

マクニカネットワークス株式会社

クラウド環境での業務が標準的になり、数多くのクラウド製品が世の中に出回っている中、中小規模の企業から大手企業までが業界問わずBoxを全社的している事例が多数ある。
Boxを採用して活用することに対して、企業の期待価値は何か。“単なるクラウドではない”とBox社やBox採用企業が訴える、Box活用によるクラウドの世界とはどの様なものか、講演の中で皆様にお伝えしたい。

安全にクラウドを使用するための第一歩!クラウドセキュリティについて

Netskope Japan株式会社

クラウドを使用することで会社や家、カフェなどどこからでも仕事でき、社員にとって最適な働き方をすることができるようになった。便利な反面、自社のプロキシやファイアウォールを通らない通信が増えることで誰が何をしているかを把握するのが難しくなっている。
実際には、社員はどんな情報をどのクラウドにおいているのか?CASBベンダーの視点からどのようにガバナンスを効かせ、情報漏洩を防ぎ、会社と社員を守るのかをお伝えする。

なぜCASBが必要だったのか、その背景と導入・展開方法をご紹介

日光ケミカルズ株式会社

日光ケミカルズではBoxやG Suiteなどのクラウドサービスを積極的に導入していることもあり、社員の利便性を損なわずにセキュアな環境でクラウドサービスを利用できる環境構築に取り組んでいる。
本セッションでは、Boxなどのクラウドサービスの利用になぜCASBが必要だったのかを導入・展開方法とともに紹介する。

クラウド時代に求められるゼロトラストセキュリティ

サイバネットシステム株式会社

サイバネットでは、企業におけるクラウド活用の積極化を見越し、クラウドのアイデンティティと権限管理によるセキュリティ、さらにはシングルサインオンによる業務効率化を実現するIDaaS OneLoginを2014年から販売している。
本セッションでは、クラウドのアイデンティティ管理にまつわる課題をどのようにOneLoginによって解消できるのかと、CASB Netskopeをはじめとする、これからのクラウド活用に必要なゼロトラストセキュリティの概念について、ご紹介する。

 


ソリューション一覧

お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ一覧