公差解析に携わる車載設計者の方、必見! 車載装置の防水構造検証事例

製品の防水性などを検討するにあたり、新規部材の検討やシートの潰し量を考慮した最適なクリアランス、そのための公差設定など、設計の上流で的確に検証しておく必要があります。しかし、手計算ではままならず、必要な精度に満たないことも少なくありません。
そこで今回は、富士通アドバンストテクノロジ株式会社 濱添 一彦 様を講師にお迎えし、「車載装置の防水構造検証事例」などをご紹介させていただきます。ツールを活用した適切な公差設計により、設計時間の短縮や製造コストの削減も可能となります。
無料でご視聴いただけますので、是非お気軽にお申込みください。

このようなことでお困りの設計者におすすめです
  • 手計算では時間がかかる上に精度が良くないので、なんとか改善したい
  • 設計において公差の検討が必要であるが、どこから手を付けてよいかわからない
  • 公差解析ツールの導入を検討している

内容

  • 車載装置 防水構造の検証事例ご紹介
     −シート型防水シール材採用の背景
     −防水シート設置部のクリアランス検証
  • CETOL 6σの簡易製品紹介
  • 質疑応答(可能な限り講師がその場で回答させていただきます)

Webセミナーのご視聴はこちら

開催概要

主催 サイバネットシステム株式会社
講師 富士通アドバンストテクノロジ株式会社
濱添 一彦 様
セミナー時間 約 45 分
視聴料 無料

推奨視聴環境

※動画の推奨視聴環境は以下をご確認ください。
  システム要件  現在閲覧しているブラウザのサポート確認

公差解析 入門
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール