Web 配信セミナー:誰も教えてくれなかった!幾何公差の基本の「き」 「データム」って何だ!?

幾何公差を扱う上で避けて通れない「データム」。
なんとなく理解したつもりで、設計や作図を進めてはいないでしょうか?

ISOやJISといった標準規格の改定を背景に、従来の「寸法公差」から「幾何公差」による製図への転換が求められるケースが増えてきました。幾何公差方式の図面には、従来の寸法公差方式には無かった記号や、新しい概念が多数登場します。いざ図面の幾何公差化を進めてみたものの、さまざまな違いに苦労されている方も多いと思います。

本セミナーでは幾何公差の基本となる、「データム」とは何か?をテーマに、従来の寸法公差方式の図面における基準との違いや、考え方のポイントなどをわかりやすく解説いたします。

本セミナーは 7月 2日 実施「データムって何だ!?」の再配信となります。

内容の一部をご紹介

データムの定義 データムとデータム形体
データムの定義
データムとデータム形体
データム系の設定 3平面データムの例
データム系の設定
3平面データムの例

 

日程・お申し込み

※参加お申し込みの受付は終了しました。

お申し込みに関する注意事項
下記の場合には、セミナーご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
該当のお客様には、セミナー開催日の1週間前までに別途メールでご案内をさせて頂きます。
ご理解の程お願い致します。
定員数に達した場合
最小催行人数に達しない場合
ベンダー様、競合企業様からお申込み頂いた場合
個人のお客様からお申込み頂いた場合

開催概要

開催会場 本イベントはZoomを用いたWebセミナー形式での開催となります。
開催日時 8月27日 (金) 15:00〜15:40
定員数 150名
参加費 無料 (事前登録制)
主催 サイバネットシステム株式会社
対象 ・幾何公差を学び始めた方
・これから図面の幾何公差化に着手したいという方
アジェンダ データムの定義
・データムとデータム形体
・幾何公差における役割
データム系の設定
・ データムの 優先度
・3 平面データム系
・実例解説
公差解析ツール CETOL 6σ ご紹介
・CETOL 6σ とは?
・幾何公差解析

必要なシステム要件

プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
サウンド 音声を聞くためのサウンド機能が必要
OS macOS XとmacOS 10.9以降
Windows 10
Windows 8または8.1
Windows 7
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
Surface PRO 2以上でWin 8.1以降
iOSとAndroidデバイスBlackBerryデバイス
ブラウザ Windows:IE 11+、 Edge 12+、Firefox 27+、 Chrome 30+
Mac:Safari 7+、 Firefox 27+、 Chrome 30+
Linux:Firefox 27+、 Chrome 30+
インターネット回線 インターネット接続−有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)

公差の資料室
OnDemandセミナー
お問い合わせ
公差解析 入門

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール