DFMStream(DFMパッケージ)

DFMStreamは、DFM(製造性を考慮したPCB設計)環境を構築し、PCB設計の成果物である製造データの検証を行うツールです。PCB-CADでは検出できない製造上の問題点を設計段階で解決することで、設計の手離れ、製造開始がスムーズに行えます。

DFMって何?どんなメリットがあるの?

PCB設計に携わる課題・ニーズをお持ちの方にお勧め

  • 出力した製造データの問い合わせや修正要求が多い。手離れが悪い
  • 目視チェックの項目が多い。時間がかかりモレも多い。
  • 過去にDFMに取り組んだが、ツールが使いづらく、しかも高価であきらめた

DFMStream(DFMパッケージ) の主な機能

CAM350-050 (ガーバービューア・パッケージ) の機能をすべて持っています。
CAM350-115 (面付け・差分検出パッケージ) の機能をすべて持っています。
CAM350-155 (DXF変換パッケージ) の機能をすべて持っています。

DFMStreamの追加機能

DFM(製造性解析)

一般的なPCB-CADでは検出することが難しい製造上の問題箇所を検出します。
これまで目視検査に頼っていた項目の多くは自動処理で高速、高精度に検出可能となります。
以下は主な解析項目です。

検査カテゴリ
信号層検査
ポジ内層検査
ネガ内層検査
レジスト層検査
シルク層検査
ペーストマスク層検査
NCデータ層検査
任意層検査
ネットリスト比較
デザイン比較
デザインアナライザ
検査項目
パターン−パターン間隔
パターン−パッド間隔
パッド−ドリル間隔
パッド−パッド間隔
パッド−レジスト間隔
メッキドリル−銅箔間隔
非メッキドリル−銅箔間隔
銅箔−外形間隔
最小ギャップ
アシッドトラップ
ピンホール
アンテナ
最小パターン
最小パッド
銅スライバー
サーマルショート
サーマル欠陥
未接続サーマル
ネガ層接続幅
ネガ層最小幅
検査項目
シルク−レジスト間隔
シルク最小幅
レジストスライバー
レジスト−パターン間隔
レジストブリッジ
レジスト欠如
ドリル−レジスト間隔
スルホールのペーストマスク被り
銅箔パッドのペーストマスク被り
SMDのペーストマスク欠如
ペーストマスクのレジスト欠如
ドリル2重ヒット
ドリルオーバーラップヒット
ドリル間隔
ドリル重複パッド
ドリル重複ヒット
ドリルなしパッド
パッドなしメッキドリル
ルータータブ・エラー
ルーター無効なパス
ルーター無効な円弧

サーマルの分断

スライバ

アシッドトラップ

ストリームルールチェック

DFMやDRC、ネットコンペアなど複数のチェック項目を設定し一括で実行します。
この設定は任意のファイル名で保存できるので、他のデザインでも同一条件のチェックが簡単に行えます。

マクロデバッガ

マクロ(スクリプト)言語の開発用機能です。トレース、ウォッチポイント、ブレークポイント機能があります。

ODB++出力

PCB製造データフォーマットであるODB++の読込みだけでなく出力も可能です。
多くのCAD/CAMツールや製造外注先とのデータ交換が可能となります。

デザインアナライザ

デザインの規模や最小ライン幅/最小間隔、最小穴径、穴数、SMTパッド数、最小アニュラリングなどの、デザインの概要を把握するのに必要な情報をCAMデータから自動抽出し、レポートする機能です。
この結果を用いることで、製造納期やコストの見積が効率よく行えます。
また、製造要求事項などの任意のコメント(日本語も対応)をデザインデータ内に保存することが可能です。
これにより、CAM350データだけを受け渡しすることで製造手配が可能となります。

CAM350御見積依頼

 



製品情報 連携事例 カタログ・トライアル版 サポート お問い合わせ