CAM350とは

DownStream Technologies社製「CAM350」は、PCB設計エンジニアとCAM編集エンジニア、両者のニーズに合わせて開発され、世界中で使用されているPCB製造用CAM編集ツールです。
操作画面は日本語にも対応しており、容易な操作性で国内でも多くのエンジニアから支持を得ています。

弊社では、このCAM350をPCB設計エンジニアの皆様に提案しております。

PCB設計で、このようなことでお困りではありませんか?

  • PCB-CADから出力したガーバーやドリルデータの内容を確認できない。
  • シルクスクリーンのカットやティアドロップ付与などの編集を、ガーバーデータ上で自動でやりたい。
  • 変更前と変更後のパターン形状比較ができない。
  • 異種PCBの集合やフリップサイドなどの複雑な面付けに苦労している。
  • PCB-CADのDRCで検出できない問題がある。
  • 目視チェックは時間がかかり、チェックもれや修正モレが出る。
  • 設計完了チェックは担当者毎に内容や判断基準にムラがある。
  • DFMという言葉は知っているがPCB製造を熟知している設計者がおらず、何をチェックすればいいか判らない。
  • PCB製造工場からの問い合わせや修正対応で、PCB設計者が時間を取られてしまう。

CAM350ですべて解決できます!

PCB製造現場で鍛え上げられ洗練された、CAM検査/編集機能をPCBエンジニアに提供。

  • CAMデータの読込みは、標準ガーバー、拡張ガーバー、NCドリル、NCルートの他、DXFやODB++に対応しており、PCB-CADを選びません。
    インポートしたデータは実際の形状寸法通りに表示したり印刷することができます。
  • インポートしたデータはすべて編集可能です。また、最適化機能でシルクスクリーンのカットやティアドロップ付与などの自動編集も可能です。
  • レイヤ比較機能で新旧レビジョンのレイヤー毎のパターン形状比較を行い差分抽出します。
  • 面付け機能は自動とスプレッドシート形式での手動設定が選択でき、複雑な面付けも簡単に行えます。
  • PCB-CADのDRCで検出できない項目の多くはDFM機能で高速、高精度に検出可能です。
  • 目視チェックで行っている項目の多くはネット比較やDFM機能で自動検出し、目視チェックにかかる工数を大幅に短縮できます。また、検出したエラーの修正はホストのPCB-CADとのクロスプローブ機能で効率よく行えます。
  • DFMチェック項目には標準的な閾値がデフォルトで入っており、このままでも十分実運用可能です。
    DFMルールの設定は簡単に行え、ファイルに保存し全設計者が共通で使用することでルールの統一も容易です。
  • CAM350はPCB製造工場で広く採用され、DFMチェック項目は現場の要求を反映したものとなっており製造に必要なチェックを網羅しています。
  • PCB製造工場で行うMRC(製造ルールチェック)をCAM350であらかじめ行うことで製造上の問題は大幅に低減します。

スケーラブルな製品構成

4つの製品ラインナップがあります。貴社の設計環境に合った必要な機能のみをリーズナブルな価格でご提供します。

機能比較表

CAM350の主な機能 DFMStream C350-155 C350-115 C350-050
データ読込み
計測・レポート・データ(CAM350)保存
ODB++ 読み込み -
データ出力 -
編集 -
最適化 -
デザインルールチェック
(DRC)
-
NC エディタ -
面付け -
DXF 読込み/出力 - -
クロスプローブ - -
リリースパッケージ - -
DFM(製造性解析) - - -
ストリームルールチェック - - -
デザインアナライザ - - -
マクロデバッガ - - -
ODB++ 出力 - - -

CAM350御見積依頼

 



製品情報 連携事例 カタログ・トライアル版 サポート お問い合わせ