CAM350-160(面付け・DXF変換パッケージ)

CAM350-160(面付け・DXF変換パッケージ)は基本機能にDXFインターフェイスやPCB-CADとのクロスプローブ機能を追加した、CADとの連携を強化した製品です。

PCB設計に携わる課題・ニーズをお持ちの方にお勧め

  • DXFを読込み、ガーバーデータとして出力したい
  • 輪郭線で描かれたパターンを自動で塗りつぶしたい
  • 塗りつぶされたパターンの輪郭線を抽出したい
  • 面付けを簡単にやりたい。異種PCBを組み合わせたい

CAM350-160(面付け・DXF変換パッケージ)の主な機能

CAM350-160の追加機能

DXF読込み/出力

DXF(AutoCADなどのメカCAD用データ) の読込みと出力を行います。

クロスプローブ

CAM350の表示とPCB-CADの表示をリアルタイムで同期させる機能です。
CAM350で検出した問題箇所をすばやくPCB-CADで表示し確認や修正が行えます。
対象CAD:Mentor Graphics PADS、Xpedition、Cadence Allegro

CAM350とAllegroのクロスプローブデザインウィンドの表示が同期します

NCエディタ

読み込んだNCドリル& NCルートデータの編集や追加を行います。

面付け

複雑な面付けや複数種類PCBの集合面付けも簡単操作で可能です。


捨て板(枠)と個片の異種PCBをフリップサイドで面付けした例

マクロデバッガ

マクロ(スクリプト)言語の開発用機能です。トレース、ウォッチポイント、ブレークポイント機能があります。

ODB++出力

PCB製造データフォーマットであるODB++の読込みだけでなく出力も可能です。
多くのCAD/CAMツールや製造外注先とのデータ交換が可能となります。

CAM350御見積依頼

 



製品情報 連携事例 カタログ・トライアル版 サポート お問い合わせ