CYBERNET

オーダーメイド研修

~オーダーメイド研修では、担当講師が貴社にお伺いして講座を実施します。~

まずは、お気軽にお問い合わせ

オーダーメイド研修とは

CAE利用の裾野を広げ活用していくために欠かせないのが人財育成。人財育成には、体系的かつ継続的な教育の実施が効果的です。CAEユニバーシティでは、お客さまごとに最適なCAEの教育プランをオーダーメイドでご提案します。

オーダーメイド研修により、御社におけるCAEレベルの底上げを図り、定常的にCAEを活用できる組織づくりを目指しましょう。

ものづくり人材育成のPDCAサイクル 1.現状把握・スキルチェック 2.教育プラン策定 3.教育実施 4.現場での実践 5.次のステップへ

企業への導入実績

  • (株)IHI
  • (株)アルファ
  • アルプスアルパイン(株)
  • オムロン(株)
  • オリンパス(株)
  • (株)ダイセル
  • シチズン時計(株)
  • 住友重機械工業(株)
  • 住友ゴム工業(株)
  • 帝人(株)
  • デンソーテクノ(株)
  • ナブテスコ(株)
  • 富士電機(株)
  • ブラザー工業(株)
  • (株)日立アカデミー
  • (株)ホンダロック
  • 三菱重工業(株)
  • (株)安川電機

※住友重機械工業様ではHP内でも
紹介いただいております。

CAEユニバーシティのオーダーメイド研修が
選ばれる理由(特徴)

お客さまにとって最適な
CAEの教育プランを
ご提案します。

CAEの利用環境はお客さまごとに異なりますので、実施すべきCAE研修内容もお客さまそれぞれとなります。CAEユニバーシティでは、お客さまからしっかりとヒアリングさせていただいた上で、お客さまのご予算に応じた最適なCAEの教育プランをオーダーメイドにてご提案させていただきます。

お客さまの様々なニーズに対応可能な、
豊富な教育コンテンツを
ご用意しております。

構造力学・振動工学・伝熱工学・流体力学などの解析分野、或いは解析専任者・設計者・新卒技術者・技術マネージャーなどの職種に対応可能な豊富な教育コンテンツを、お客さまの教育ニーズに合わせてご提供いたします。大学教授や民間企業エンジニアなど、その道のプロフェッショナルが講師を担当し、質の高い研修を実施します。

「CAE環境分析」により、
客観的に御社のCAE環境を
分析いたします。

CAEの中で扱われている、材料力学・流体力学・振動工学・伝熱工学・電磁気学などの物理学、或いは有限要素法などの解析手法について、CAEを扱われている現役の大学教授がわかりやすく解説します。CAEを使う上での土台をしっかりと固めていただくことができます。

他社比較表

CAEユニバーシティ A社 B社 C社
カリキュラムのカスタマイズ性
講師の質
実験の有無 ×
アフターフォロー

研修プランサンプル

新しく入社した
技術系社員向け

テーマ
材料力学
対象
新人、材料力学について学んだことが無い人
受講者人数
30名
実施日数
2日間

講座、講習内容
材料力学の基礎知識・実験(発泡スチロールブリッジの制作)
(固体材料(発泡スチロール等)に負荷が加わったときの変形・破壊の原理を研究する)
CAEについてより深く
理解したい設計者

テーマ
CAEスキルアップ教育
対象
中級
受講者人数
10人程度
実施日数
4日間

講座、講習内容
AnsysWorkbench 動解析トレーニング、CAEワークショップ
(動解析(慣性の影響を考慮した構造解析)の基本・操作・演習、解析計画の策定方法・解析・演習)
伝熱工学について
学びたい技術者

テーマ
伝熱工学
対象
初級~中級
受講者人数
最大20人まで
実施日数
3日間

講座、講習内容
伝熱の概要・冷却法則について・数値解析演習など
(熱エネルギーが別の場所に移動する現象を、工学的視点から研究する)
新しく入社した
技術系社員向け

テーマ
材料力学
対象
新人、材料力学について学んだことが無い人
受講者人数
30名
実施日数
2日間

講座、講習内容
材料力学の基礎知識・実験(発泡スチロールブリッジの制作)
(固体材料(発泡スチロール等)に負荷が加わったときの変形・破壊の原理を研究する)
CAEについてより深く
理解したい設計者

テーマ
CAEスキルアップ教育
対象
中級
受講者人数
10人程度
実施日数
4日間

講座、講習内容
AnsysWorkbench 動解析トレーニング、CAEワークショップ
(動解析(慣性の影響を考慮した構造解析)の基本・操作・演習、解析計画の策定方法・解析・演習)
伝熱工学について
学びたい技術者

テーマ
伝熱工学
対象
初級~中級
受講者人数
最大20人まで
実施日数
3日間

講座、講習内容
伝熱の概要・冷却法則について・数値解析演習など
(熱エネルギーが別の場所に移動する現象を、工学的視点から研究する)

ユーザーインタビュー

研修実績と満足度

研修実績19,239名
※定期講座+オーダーメイド
研修累計
満足度[object Object]%
※オーダーメイド研修:
2021年数値

研修の流れ

  • 1.お問い合わせ

    まずはWebフォームよりお気軽にお問い合わせください。担当営業よりご連絡いたします。

  • 2.ヒアリング

    お客様の現状と課題を担当者がヒアリングさせていただきます。訪問もオンラインでの打合せも可能です。

  • 3.ご提案

    ヒアリングさせていただいた内容を元に、お客様にとって最適なCAE教育プランをご提案します。

  • 4.研修実施

    研修を実施します。テキストの準備や当日の運営はCAEユニバーシティのスタッフが担当します。

  • 5.振り返り

    講座後に実施したアンケート結果をもとに振り返りミーティングを実施します。

担当者の目的に合った
個別のご案内課題に応じた解決プランを各種ご用意しております

本格的な研修導入前にまずは自社の解析環境を
診断しませんか?

解析環境調査・分析サービス

お客様の設計現場における解析環境をサイバネットが提供する分析ツールを用いて診断し、
現状の力量評価、ギャップの把握、課題抽出を行います。

現在ご提供しているサービスは「CAE環境分析サービス(構造解析編)」となります。

特徴

  • 1.
    自社の解析力量、
    ギャップ把握のための
    情報提供

  • 2.
    解析環境改善方針立案に
    資する定量的データの提供

  • 3.
    効果的な教育を
    実施するための情報提供

主にCAE導入後の課題把握/解決のために利用されています。
テスト、アンケートに回答いただき調査、分析を行い、報告書をご提出します。
必要に応じて調査報告会も実施します。

お問い合わせはこちら