セミナー情報

現在開催中のセミナーは以下の通りです。開催が決まり次第、随時、本ページでお知らせします。

紹介セミナー | 定期トレーニング | 特別セミナー

紹介セミナー

PCB設計資産活用セミナー

PCB設計の現場で部品共通かとかPCB設計データ(ライブラリ/IP)で共有すると回路設計/基板設計ではどういったメリットがあるのかをツールさわりながら体験していただきます。

こんな方におすすめ
開発製品が人に依存しない環境を作りたい方

「PCB設計資産活用セミナー」の詳細について

PCB設計プロセス改善セミナー

様々な要求を整理し、優先度を付けて改善を進める考え方について紹介します。

こんな方におすすめ
開発効率改善や品質改善を指示されたが、どこから着手すればよいか分からない方

「PCB設計プロセス改善セミナー」の詳細について

アナログ回路解析ツール体験セミナー

本セミナーでは、回路設計段階でシミュレーションを活用し、試作後の評価期間の短縮や、問題発生による手戻りを減らすための手段として HyperLynx Analogを体験して頂きます。

こんな方におすすめ
HyperLynx Analogで何ができるか知りたい方

「アナログ回路解析ツール体験セミナー」の詳細について

プリント基板ノイズ対策セミナー

本セミナーでは全体を3つのパートに分け、PCBレベルのSI、EMI & PI、回路レベルのPIとそれぞれに対するソリューションを説明、実習いただきます。

こんな方におすすめ
プリント基板設計にEMI/SI/PIのシミュレーションを検討されている方

「プリント基板ノイズ対策セミナー」の詳細について

定期トレーニング

DxDesigner for Netlist Flow

このコースはPADS フローおよびIndependent フローのDxDesignerユーザー様向けのトレーニングコースとなります。実際にツールを使用し、2日間という短い期間で実用レベルまでスキルを向上させることを目的としています。

こんな方におすすめ
DxDesigner の基本操作を短期間で習得したい方

「DxDesigner for Netlist Flow」の詳細について

HyperLynx LineSim - Signal Integrity Analysis

このコースでは、伝送線路解析、クロストーク解析、EMI解析の基礎を習得し、プリレイアウト解析の知識を向上させます。

こんな方におすすめ
伝送線路解析を行うためにHyperLynx を使用される回路、基板エンジニア

「HyperLynx LineSim - Signal Integrity Analysis」の詳細について

HyperLynx BoardSim - Signal Integrity Analysis

このコースでは、伝送線路解析、クロストーク解析、EMI解析の基礎を習得し、ポストレイアウト解析の知識を向上させます。

こんな方におすすめ
伝送線路解析を行うためにHyperLynxを使用される回路、基板エンジニア

「HyperLynx BoardSim - Signal Integrity Analysis」の詳細について

Expedition PCB Introduction

このコースはExpeditionPCBユーザー様向けのトレーニングコースとなります。
ライブラリの作成から製造データの出力までをツールの機能と操作方法を実際のPCB設計フローに沿って、講義と実習で習得していただけます。

こんな方におすすめ
プリント基板設計者

「Expedition PCB Introduction」の詳細について

特別セミナー

高パフォーマンスを低コストで実現!
PADS 最新版が提供するPCB設計/解析統合環境
〜PADS U2U 2017〜

セミナー紹介テキスト

こんな方におすすめ
・設計環境の効率化(部品や設計情報の取得など)に課題を抱えてる方
・解析環境をすばやく立ち上げたい方
・最新のCAD情報を取得したい方

「高パフォーマンスを低コストで実現!PADS 最新版が提供するPCB設計/解析統合環境 〜PADS U2U 2017〜」の詳細について

終了した特別セミナー

DDR4を題材とした高速基板設計のノウハウセミナー

本セミナーでは、KEI Systems 前田 真一様をお招きし、DDR4を中心とした設計やシミュレーション、さらには電磁界に関する知識を得ることで、高速基板の一発完動を目指す設計者の皆様を支援することを目的としています。
また、実際にHyperLynx SIを用いてDDR4搭載基板を解析することで、JEDEC規格に準拠したDDRx Batch Wizardによる最新の解析機能ならびに短時間でDDR4のJEDEC規格に対する検証を完了させる手法をご紹介します。

「DDR4を題材とした高速基板設計のノウハウセミナー」の詳細について

プリント基板の製造・実装品質向上にODB++が果たす役割とは?
〜 Valorソリューションセミナー 〜

本セミナーでは、ODB++の構造と有効性、設計段階でDFM検証を行うことによる品質改善とコストダウン/納期短縮の実現を事例/デモンストレーションを交えてご紹介します。

「Valorソリューションセミナー」の詳細について

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ