3Dレイアウト

部品配置、制約条件定義、DRC検証の機能を備えた、完全パラメトリックで写真精度の統合型3Dレイアウト環境

Xpedition の3Dレイアウト機能を使用すると、PCBレイアウト段階からメカニカル検証に着手でき、エレメカ設計の問題を早期に特定、修正できるため、コスト増大と設計サイクル遅延につながる設計のやり直しを招きません。
2D/3Dの環境が完全に一体化されており、3Dレイアウトでも2Dの環境と同じ操作で部品の選択、プラニング、配置などのレイアウト作業が行えます。

3Dレイアウトの機能

  • すべての基板要素を写真精度のグラフィックで表示
  • プランニングと部品配置
  • 3D制約条件によるルール違反の動的検出
  • 400万超の部品を収録した3Dモデルライブラリ(新規部品は定期的に追加)
  • 3D MCADツールとの統合により、標準的なメカニカル設計システムとのデータ連携が可能
  • 業界標準フォーマットで設計エクスポート、また3D PDFでドキュメント作成が可能

特長

2D/3D一体型編集環境

2D環境と3D環境は部品の選択、プランニング、配置方法は変わらないため、新しいツールの操作を習得する手間がかからず、設計スケジュールを短縮できます。

3D表現のパラメトリックデザイン

パラメトリック形式で3Dの形状データを処理するカーネルにより、3D制約条件定義、動的ルール違反検出、バッチ検証が可能です。エレメカ設計を動的に検証することでエラーのない設計を実現します。

写真精度のビジュアル表現

トレース、部品、シルクスクリーン、ソルダーマスク、ビアといった基板構成要素のビュー(透過表示も含め)を包括的にコントロールします。透過率、Z軸スケーリング、表示/回転角の設定、またX/Y/Z軸断面による表示などが可能です。

業界標準フォーマットの固体モデル

現在400万件を超えた収録部品や、四半期ごとに数千件ずつ追加登録される3Dモデルライブラリを使用して今すぐ設計をスタートできます。ユーザ固有のモデルを使用することもできます。

メカニカル部品のインポート

シャーシやヒートシンクなどメカニカル部品を簡単にインポートできます。またマルチボードを使用している場合は、ほかのPCB設計からサブアセンブリをインポートすることもできます。

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ