米国でのFDA認証などを要する医療機器の設計開発に 3D公差解析による公差検証フロントローディングのすすめ

米国における医療機器の製造/販売において、避けては通れないものが FDA (Food and Drug Administration) の認証です。安全性が必要な医療機器の設計開発における FDA 認証取得には「公差解析」による妥当性のある検証結果が求められています。また、設計プロセス上流において3D公差解析を実施することで、コストの削減や製造期間の短縮など、さまざまなメリットがあります。

本講演では、米国での医療機器設計における FDA のガイドラインのほか、公差検証のフロントローディングを実現するための 3D 公差解析ソリューションについてご紹介します。

こんな方におすすめ!
  • 米国でのFDA認証などが求められる医療機器設計に従事されている方
  • 製品の公差設計や妥当性の検証/説明に苦慮されている方

開催概要

日時 2022/4/22 (金) 11:00〜11:40
会場 Webセミナー(Zoom)
アジェンダ 3D公差解析の重要性
ばらつきの考慮、医療機器での公差解析事例、寸法、公差値の変更検討など
米国での医療機器の設計開発におけるガイドライン
FDA にて求められる設計要件のご紹介
3D公差解析ツール CETOL 6σ のご紹介
主な機能や特徴、デモンストレーション
主催 サイバネットシステム株式会社

日程・お申し込み

※参加お申し込みの受付は終了しました。

講演内容の一部をご紹介


3D公差解析の重要性 - 寸法、公差値の変更検討

米国での医療機器の設計開発におけるガイドラインのご紹介

推奨視聴環境

※動画の推奨視聴環境は以下をご確認ください。
システム要件 現在閲覧しているブラウザのサポート確認

公差の資料室
OnDemandセミナー
お問い合わせ
公差解析 入門

ページトップへ
最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元公差解析ツール
夏季休業のお知らせ   休業期間:8月6日(土)〜8月14日(日)、業務再開日:8月15日(月)