一歩先ゆく海外の公差解析事例〜自動車編〜

資料をダウンロード ▶

海外の生産現場では、日本より以前から公差解析が活用されており、特に複雑で多数のパーツを用いる自動車設計や、高い品質が求められる医療機器製品などにおいては、3D公差解析ツールが必須となっています。本資料では、各設計対象物においてどのような背景から公差解析が取り入れられたのか、また公差解析を実施したことによってどのような効果がもたらされたのかについて、以下のような現場での活用例をご紹介します。

一歩先ゆく海外の公差解析事例 自動車編の目次

  • トラックエンジンでの活用事例
  • 自動車用パーキングブレーキのインターロック機構
  • パワーギアトレインでの活用事例
  • ブレーキシステムでの活用事例
  • HVACユニット機構部の公差解析
  • ターンシグナルスイッチでの活用事例
  • エンジンのバルブクリアランス解析
  • ドアラッチシステムでの活用事例
  • エンジンマニホールドシールでの活用事例
  • 重機向けホイールドライブでの活用事例

一歩先ゆく海外の公差解析事例 自動車編の資料サンプル

1.ブレーキシステムでの活用事例

OEMからの要求もあり、製造コストを抑えつつも、システム全体として 高品質である必要性は多々生じます。そこで、ブレーキパッドとディスクのクリアランスばらつきやキャリバーの製造プロセス検討 において、公差解析を実施しました。

2.HVACユニット機構部の公差解析

車載用の空調ユニットである、HVAC(Heating, Ventilation and Air-Conditioning)の公差解析事例をご紹介します。 複雑なカム形状を持つ複数の樹脂部品を解析することで、機構部品の信頼性向上に寄与しました。

3.エンジンマニホールドシールでの活用事例

インテークマニホールドの接合面など、適切にシールされる為には、各接合面がぴったり合うことが理想です 。各部品のばらつきにより、接合面がどの程度ばらつくかを把握し、シール性や配管への過度な応力が発生しないかなどを検証しました。

資料のダウンロードはこちら
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


公差の資料室
OnDemandセミナー
お問い合わせ
公差解析 入門

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元公差解析ツール