〜実験室で行ったテーマを実際に解析し、V&Vへの理解を深める〜 <Web配信>CAE実験室-振動工学実践編

本講座では、「CAE実験室-振動工学編」で行った実験を解析に置き換え、数値解析サイドからV&Vのプロセスを見直し、更に理解を深めるものです。また、その上で必要な振動解析における注意点やノウハウについても習得していきます。

※こちらの講座の旧名は「FEM実験室-振動解析編フォローアップセミナー」です。名称が変更となりましたが、講座の中身に変更はございません。あらかじめご了承ください。

会場開催 もあります。詳細はこちら

講師 サイバネットシステム(株) エンジニア
対象 CAE実験室-振動工学編受講者
受講形態 CAE演習+理論
受講料 40,000円(税別)

※お支払い方法は、セミナー受講料のお支払いについてをご確認ください。
※ 本価格は税別価格です。別途消費税が加算されます。
※ 参加費はセミナー開催日時点での消費税率が適用されます。
※ 消費税率変更前に事前支払いをされた場合も、別途差額を申し受けます。

時間 10:00〜17:00
会場 オンライン開催
定員 10名

※接続環境の事前確認が必要となるため参加お申し込みは開催日の7日前に締め切らせていただきます。

【必ずお読みください】
本セミナーを受講するためにはZoomのインストールおよびサイバネットCAEクラウドへの事前接続チェックなどの準備が必須となります。 事前準備にご協力いただけなかった場合、当日のご受講ができない可能性がございますのでご了承ください。 システム要件は、本ページ下部の「必要なシステム要件」から必ず事前にご確認ください。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

キャンセルポリシーについてはこちら

概要・主旨
タイムテーブル・目次

概要と主旨

セミナーの風景(CAE実験室-振動工学編)を動画で公開中です。 本講座は、『CAE実験室-振動工学編』の続編に位置づけられます。
『CAE実験室-振動工学編』では、実際に振動試験を行い、実験を通じて振動現象を理解していただきました。この内容を受けて、本講座では、振動試験をシミュレーションで再現し、振動解析のノウハウや注意点について体験しながら理解を深めていただきます。

※『CAE実験室-振動工学編』を受講されておくことをお奨めいたします
※当講義ではツールとしてANSYSを利用しますが、ANSYSの利用経験がない方でも問題なくご受講いただけます

   

講座テキストサンプル

プログラム

開始時間 項目
午前 ・振動のお話
・振動解析の概要とモーダル解析について
・実習1 単純な板のモーダル解析
午後 ・要素サイズ・要素形状を変えた場合のシミュレーション
・実習2 穴空き板のモーダル解析(質点と剛体編)
・実習3 穴空き板のモーダル解析(接触要素編)
・周波数応答解析について
・実習4 単純な板の周波数応答解析
  • 内容に若干変更が生じる可能性がございます。
  • 各講演時間・順序が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

受講後の感想

必要なシステム要件

サイバネットCAEクラウド(演習で使用)

OS Microsoft Windows 8.1、10 以上(32/64bit)
ブラウザ Microsoft Internet Explorer 11
Google Chrome 60 以上
ソフトウェア リモート接続クライアント
HW スペック メモリ1GB 以上 ストレージ 350MB 以上
キーボード・スクロールマウス(3ボタンマウス 不可)
インターネット接続
推奨:20インチ以上のワイドモニター または2画面表示できる環境 ※

※セミナーテキストを随時参照する形でセミナーは進んでいきます
アプリケーション操作とは別に講師画面やセミナーテキスト(PDF)を表示できる環境が望ましいです
使用ポート 使用ポート: TCP 21752 (PROXY経由の接続は不可) ※必須

・アプリケーション表示・操作を行う「高速リモートデスクトップ」で利用するポートです
・ご所属会社内ネットワークからのご参加の場合、”セキュリティポリシー上ポートが使用できない”、”PROXY経由以外の接続を認めていない”等の理由により高速リモートデスクトップをご利用になれない可能性があります。
・一般家庭で利用されるプロバイダの回線や、Wifiルータ・テザリング等であれば基本的には利用可能です。社内からの接続ができない場合、これらの社内ネットワークを介さない環境をご利用になることをお勧め致します。
・社内ネットワーク以外をご利用になれない場合は、『PROXYを経由せず、TCP 21752 ポートの利用が可能か』について情報システム部門様にご確認ください。

Zoom(座学で使用)

OS Microsoft Windows 10、Windows 8または8.1
プロセッサ 最低 :シングルコア1Ghz以上
推奨 :デュアルコア2Ghz以上
RAM 推奨 :4GB
サウンド マイク・スピーカー
ブラウザ IE7+、Firefox、Chrome、Safari5+
帯域幅 グループビデオ通話の場合:高品質ビデオの場合は600kbps/1.2Mbps(上り/下り)
ギャラリービューの場合:1.5Mbps/1.5Mbps(上り/下り)
詳細はZoomのサポートページをご覧ください

関連ページ

FEM(有限要素法)分野講座
受講プランサンプル
CAEコラム:CAE ユニバーシティ トピックセミナー「FEM実験室」