<Web配信>
〜電子機器のノイズ設計のための〜
EMC基礎講座

本講座では数式を極力使わず、「ノイズとは何か」から始めて、代表的なEMCの内容、そして、電子機器のノイズ対策はどう行ったらよいのか、といったことまでを実例を交えてお話しします。

講師 倉西 英明 氏
倉西技術士事務所

<略歴>
・富士フイルム(株)、横浜国立大学 産学官連携コーディネーター(兼務)など
<保有資格>
iNARTE EMC Engineer
技術士登録(電気電子部門)
iNARTE/KEC EMC Design Engineer 他多数
対象 ・これからEMC測定・対策を行う予定のある方/既に実施している方
・ノイズ発生の基礎理論を学びたい方
・EMCの基本的な内容を学びたい方
講義方式 座学+演習
受講料 40,000円(税別)

※お支払い方法は、セミナー受講料のお支払いについてをご確認ください。
※本価格は税別価格です。別途消費税が加算されます。
※参加費はセミナー開催日時点での消費税率が適用されます。
※消費税率変更前に事前支払いをされた場合も、別途差額を申し受けます。

時間 10:00-17:00
会場 オンライン
受講要件 こちらから
定員 15名

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

キャンセルポリシーについてはこちら

概要・主旨
タイムテーブル・目次

テキスト概要と主旨

電子機器のノイズ対策は、電磁気学の高度な応用であるためとっつきにくく、属人的な面もあって、ベテランの退職後はさらに習得が大変です。また、フロントローディングが推奨されていても、ノイズそのものを物理現象として捉えられないと、モデルを正確に作ることもできません。
さらに、規格適合のためにはEMC試験にも合格しなくてはならず、どんなノイズをどう試験するのかが理解できていないと、大変に苦労します。
このセミナーでは、そのような方々を対象に、数式を極力使わず、「ノイズとは何か」から始めて、代表的なEMCの内容、そして、電子機器のノイズ対策はどう行ったらよいのか、といったことまでを実例を交えてお話しします。

講座テキストサンプル

タイムテーブル

開始時間 項目
10:00 1章 ノイズの基礎とEMC

1-1 電子機器とノイズ
  • 電子機器と電磁環境
  • ノイズとは何か
  • ノイズと干渉
  • EMC・EMI・EMS
  • 時間的特性
  • 伝達経路
  • ノイズの多面性
  • 具体的ノイズ源と特性
  • 章末問題

1-2 ノイズの物理
  • ノイズと電磁気学
  • 交流の基礎知識
  • 周波数スペクトル
  • 波形とスペクトル
  • 見えないLとC
  • 共振という現象
  • 電磁波の発生
  • 電磁波とアンテナ
  • コモンモードとノーマルモード
  • 章末問題
13:00 1-3 ノイズの計測・評価
  • ノイズ計測とデシベル
  • 波形測定
  • スペクトル測定
  • 電波暗室とレシーバ
  • 章末問題

2章 共通EMC規格とその意味

2-1 EMC規格試験の目的

2-2 エミッション試験
  • 雑音端子電圧
  • 雑音電界強度
  • 電源高調波
  • フリッカ

2-3 イミュニティ試験
  • 静電気放電
  • 無線周波電磁界放射
  • ファーストトランジェント・バースト
  • 雷サージ
  • 無線周波電磁界伝導
  • 電源周波数磁界
  • 電源電圧ディップ・瞬停
  • 章末問題
15:00 3章 ノイズ対策の基礎と実践

3-1 ノイズ問題の特質と解決法
  • 静電気放電
  • 無線周波電磁界放射
  • ファーストトランジェント・バースト
  • 雷サージ
  • 無線周波電磁界伝導
  • 電源周波数磁界
  • 電源電圧ディップ・瞬停
  • 章末問題

3-2 設計時の対策技術
  • 回路・基板
  • 機内・機外ケーブル
  • フレーム・筐体
  • 既製品・外部設計品

3-3 設計後の対策技術
  • フェライトコア類
  • フィルタ
  • シールド・GND強化部材
  • 電磁波吸収体
  • 章末問題
17:00 終了
  • 内容は予告なく変更となる場合がございます。