基礎からのANSYS粘弾性解析セミナー

樹脂のプレス解析
樹脂のプレス解析

本セミナーでは、構造力学、複合材料工学、数値解析の分野でご活躍されている日本大学 教授の平山紀夫様を講師にお招きし、高分子材料のような固体の粘弾性解析を行う解析技術者を対象に、粘弾性に関する基礎的な解析理論や物性値の計測に関する知識、そして、ANSYSを用いた有限要素法による解析手順に関して、初心者でも理解できるようにわかりやすく解説を行います。

高分子材料に代表されるような新素材の分野で、「粘弾性」が正面から取り上げられるようになったのは、それほど昔のことではありません。しかし「高分子材料の粘弾性」に関する知識、またFEM解析のノウハウは、物理・化学などの理学者、化学工学、機械工学、土木工学などのエンジニアにも、また生物学者、医学者の分野にまで広くにわたり必要性の高いものになっています。
樹脂とゴムを中心とした高分子材料については、「材料を制するものは技術を制する」と言われるように、現在各企業において激しい開発競争が行われています。今回は高分子材料を用いた構造または部品設計に関わっている技術者の方々向けに、粘弾性の基礎知識から、ANSYSを用いての高分子材料のFEM解析手法等を紹介すべく、この特別セミナーを企画いたしました。皆様の技術レベルアップ、開発期間の短縮及び製品品質の向上に少しでもお役に立てていただければと思います。

セミナーでは、線形粘弾性(微小ひずみ)の基礎理論から、高分子材料の粘弾性解析に関する材料特性の実験方法、材料定数の算出手法、そして実際に解析ソフトANSYSを用いた粘弾性解析の手順やトラブルシューティング等について、例題を用いながら説明します。

特に今回は、実際の動的粘弾性試験による材料定数の取得方法について詳細に解説を行います。そして、ANSYSの最新の粘弾性解析機能、カーブフィッテングの機能やExcel等による試験データの分析や材料定数の算出方法に関しても、実際に動的粘弾性試験で計測した樹脂の計測データを使用して詳細な解説を行います。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

今回のセミナーでは、皆様の業務に直接お役に立てていただけるように講義で使用しました複数の例題のInput.datやExcel等による実験データと解析プログラムを参加者全員に配布いたします。

一般化マクスウェルモデル
一般化マクスウェルモデル

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

開催場所 弊社 東京本社 セミナールーム 地図
開催時間 10:00〜17:00 (9:30受付開始)
定員 18名
対象 ・高分子材料のような固体の粘弾性解析について、基礎から学びたい方および基礎研究、製品開発のため解析・設計業務をされている技術者
・有限要素法による固体の粘弾性解析に必要な知識を学びたい方
・プラスチックや各種の電子材料など粘弾性材料を扱う計測部門の方や解析部門の方
講師 日本大学 生産工学部 機械工学科 教授 平山紀夫様
サイバネットシステム株式会社
受講料 54,000円/名(税込) (お支払方法について
受講券 利用不可
  • お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性があります。
  • 同業他社の方はお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。

アジェンダ

午前 【理論編】

1. 高分子材料について

1.1 時間−温度換算則とシフトファクターの温度依存性
1.2 マスターカーブの作成方法
1.3 粘弾性モデル(フォークト要素とマクスウェル要素)
1.4 一般化マクスウェルモデルと粘弾性構成則
1.5 単軸のデータから多軸場への変換

2. 試験方法とデータ分析

2.1 各種粘弾性試験方法と試験規格
2.2 動的粘弾性試験データの測定方法と測定例
2.3 クリープ試験データの測定方法と測定例
2.4 各試験定数(粘弾性特性定数)の相互変換
2.5 動的粘弾性試験の測定データから一般化マクスウェルモデル定数への変換
   (1) シフトファクターの算出
   (2) プロニー級数展開

3. Excelによる粘弾性データの解析

3.1 Excelによる動的粘弾性データの解析
   (1) Excelによるマスターカーブの自動作成
   (2) Excelによる各種粘弾性挙動のシミュレーション

午後 【実践編】

4. ANSYSによる線形粘弾性解析に必要な知識

4.1 粘弾性解析の基礎
4.2 解析事例
4.3 粘弾性解析の設定

5. ANSYSによる線形粘弾性解析の実習

5.1 実習例題1 ポリカーボネート樹脂の動的粘弾性試験
5.2 実習例題2 ポリカーボネート樹脂の応力試験
5.3 実習例題3 樹脂のプレス解析
5.4 実習例題4 樹脂の減衰効果

質疑応答

  • 上記の内容は若干変更される可能性がありますので、御了承ください。

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ