サイバネットシステムでは、CAE初心者向けの入門セミナーから高度な理論教育・組織向けオンサイト教育まで、さまざまなCAE関連セミナーを年間200回以上開催しています。

<Web配信> MBDはじめの第一歩!
システムシミュレーションセミナー 〜熱回路網法やモデル低次元化(ROM)機能の例題付き〜


今、制御設計で普及しているMBDを、システム全体の開発に応用するシステムシミュレーションのニーズが高まっています。形状が無い開発初期段階からシステムシミュレーションを活用して、要求・仕様を満たす機能を最適化し、開発プロセスを大幅に効率化することを目的としています。
しかし、複雑な物理現象をMBDで活用される数式でモデル構築することに、難しさを感じることもあると思われます。
本セミナーでは、CAE技術者にとってシステムシミュレーションやMBD(モデルベース開発)に必要な知識・用語をご紹介し、これらのイメージを掴んでいただける内容となっています。

また、Ansysが提供するシステムシミュレーションのプラットフォーム:Ansys Twin BuilderとAnsys の3DシミュレーションとをつなぐROM機能などのご紹介に加え、これらの技術がMBDやVプロセス、デジタルツインといった最新の技術の中で、どのような役割や効果をもたらすのかをご紹介をいたします。

また、ご希望の方には例題テキストをセミナー開催後に配布いたします。

1Dシミュレーションのご経験が無い方向けの例題や、Ansys MechanicalやFluentユーザ向けのROMに関する例題も用意しておりますので、本セミナーで学んだ内容をじっくりと復習することが可能です。

下記、復習用のテキストの一覧になります。

『Ansys Twin Builder の基本操作』
概要:Twin Builderの基本操作。一般的な1Dツールの操作としてもイメージしていただけます。

『熱回路の等価回路例題』
概要:流体回路を組み合わせた熱回路網法。
流体回路から求めた流量による移流効果を考慮した熱回路網法を適用することで電子機器内の放熱/冷却設計の精度を向上させます。

『伝熱解析のROM例題』
概要:マシニングセンターの熱変形をMechanicalで解析し、その結果をTwin BuilderでROM化する。
出力したDynamic ROMを使用して、システムを解析することで、想定された動作が可能かを検討、最適化を行う。

『流体解析のROM例題』
概要:空冷システムの冷却効果を確認します。
空冷ファン付きのモーター用ヒートシンクの熱伝達係数 を熱流体解析から求め、熱回路内の可変熱抵抗素子として1Dモデルを作成します。

『構造解析のROM例題』
概要:状態空間表現による振動問題のROM化を実施します。
Mechanicalから取り込んだ振動モードを状態空間化してTwin Builderにて過渡解析を実施し、高速に質点の応答が得られることを確認します。

2020年11月20日(金)Zoomを用いたWebセミナーにて開催

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

※参加お申し込みは開催日の2日前に締め切らせていただきます。

開催概要

開催会場 本イベントはZoomを用いたWebセミナー形式での開催となります。
開催日時 15:00〜16:00
※ 終了時刻は多少前後する場合がございます。
定員数 150名
対象 下記の取り組みをお考えの方
・シミュレーションの時間短縮と高精度の両立の実現
・システムシミュレーションやMBD (モデルベース開発)の導入
・1Dモデルと3Dモデルの連携
・デジタルツインにご興味のある方
参加費 無料 (事前登録制)
主催 サイバネットシステム株式会社

※お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性がございます。

アジェンダ

(1) はじめに 〜ANSYSが提唱するMBDとは〜
(2) 1D /システムシミュレーション/ROMとは 〜MBDの重要ファクター〜
(3) 1D /システムシミュレーション/ROMによる事例紹介
(4) 製品紹介:ANSYS Twin Builder

必要なシステム要件

プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
サウンド 音声を聞くためのサウンド機能が必要
OS macOS XとmacOS 10.9以降
Windows 10
Windows 8または8.1
Windows 7
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
Surface PRO 2以上でWin 8.1以降
iOSとAndroidデバイスBlackBerryデバイス
ブラウザ Windows:IE 11+、 Edge 12+、Firefox 27+、 Chrome 30+
Mac:Safari 7+、 Firefox 27+、 Chrome 30+
Linux:Firefox 27+、 Chrome 30+
インターネット回線 インターネット接続−有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)

※プログラム/名称などは予告なく変更する場合がございます。

>> トピックセミナー 一覧 に戻る

Ansys製品導入検討中の方へ

無料体験セミナー 一覧

より実践的な使い方を学ぶ

CAE技術トレーニング 一覧

解析トレンドや事例で知見を深める

トピックセミナー 一覧


ページトップへ