サイバネットシステムでは、CAE初心者向けの入門セミナーから高度な理論教育・組織向けオンサイト教育まで、さまざまなCAE関連セミナーを年間200回以上開催しています。

<Web配信>〜ヘルスケア業界向け〜
シミュレーションによる課題解決セミナー


シミュレーション活用を行いたいヘルスケア業界の皆様へ

先般8月に開催した「【Web配信】ヘルスケア分野におけるデジタルエンジニアリング活用セミナー」では、ヘルスケア分野におけるデジタルエンジニアリングを活用をご提案するコンテンツをご紹介いたしました。 本Webセミナーでは、実際にシミュレーションをどのように活用して取り組んでいくことができるのかに焦点を当てた実践編となります。倉西技術士事務所の倉西様をお招きし、医療機器のEMC規格についてお話をいただきます。またサイバネットシステムからは、医療機器のPCBシステムのノイズ対策、医療機器開発および医薬品製造プロセスにおけるシミュレーションの活用事例をご紹介します。

1.医療機器EMC(EMD)の規格と技術【EMC】
【前編】医療機器の安全規格とEMC規格
【後編】医療機器のEMC設計
2.PCBシステムにおけるノイズ対策【EMC】
3.医療機器の設計開発におけるシミュレーション活用事例【医療機器開発】
4.医薬品製造プロセスを支援するシミュレーション活用事例【医薬品製造プロセス】


ヘルスケア業界に従事されていて、シミュレーションを活用したい方は是非ご参加ください。


2021年12月17日(金)Zoomを用いたWebセミナーにて開催

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

※参加お申し込みは開催日の2日前の午前10時に締め切らせていただきます。

開催概要

開催会場 本イベントはZoomを用いたWebセミナー形式での開催となります。
開催日時 13:30〜16:10
※ 終了時刻は多少前後する場合がございます。
定員数 150名
対象 ・ヘルスケア業界に従事されていて設計/開発/生産技術を効率化・高度化したい方
・ヘルスケア業界に従事されていてシミュレーションを適用したい方
製品 Ansys Mechanical/Ansys CFD/Ansys Rocky/Ansys SIwave
解析分野 構造解析全般/流体解析全般/電磁界解析全般
参加費 無料 (事前登録制)
主催 サイバネットシステム株式会社

※お申し込みが最少開催人数に満たない場合は、中止になる可能性がございます。

アジェンダ

時間 講演内容・概要
EMC

医療機器EMC(EMD)の規格と技術

倉西技術士事務所
倉西 英明 様


【内容】
医療機器の開発に携わる回路設計技術者にとって、各種の規格に適合した設計をしなければなりません。
しかし、医療機器に関わる規格は数も多く、依存関係も複雑で、全体を理解するのが困難です。電子回路では安全規格とノイズに関わるEMC(EMD)規格への対応が求められますが、規格、技術共に難易度が高くなっています。 本セッションでは、そんな回路設計技術者にとって重要な、医療EMC(EMD)規格を理解するポイントと、ノイズ対応設計の要点について2部構成に分けてお話しします。

13:30-14:00

【前編】医療機器の安全規格とEMC規格

1.規格と規制
2.医療機器規格の基礎
3.医療機器規格の相互関係
4.基礎安全と基本性能
5.イミュニティ合否判定

14:00-14:30

【後編】医療機器のEMC設計

1.基本はGNDの強化
2.基板のノイズ設計
3.ケーブルのノイズ設計

14:30-14:40

休憩

14:40-15:10

PCBシステムにおけるノイズ対策EMC

<内容>
新しい医療機器・ヘルスケア製品の需要は年々高まっています。今までの製品コア部分だけではなく、画像処理や通信といった周辺装置には基板の高速通信テクノロジが搭載され、ノイズ対策は益々重要度を増しています。
本セッションでは、ノイズの根幹となるPCBシステムのノイズ対策にフォーカスしたソリューション事例をご紹介します。
15:10-15:40

医療機器の設計開発におけるシミュレーション活用事例医療機器開発

<内容>
医療機器は極めて高い安全性能が求められ、数多くの検証が要求されます。開発コストや開発期間にも影響を与えるため、シミュレーション技術の活用がより一層注目を集めています。本セッションでは、医療機器の設計開発におけるシミュレーションの活用事例をご紹介します。
15:40-16:10

医薬品製造プロセスを支援するシミュレーション活用事例医製薬製造プロセス

<内容>
近年、デジタルトランスフォーメーションによりモノづくり現場にデジタルの波が押し寄せており、それは医療機器の設計プロセスや医薬品製造プロセスにも同様となります。そこで、本セッションでは医薬品製造プロセスに着目し、プロセスの条件選定を支援するCAE事例をご紹介します。

必要なシステム要件

プロセッサ デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD相当)
RAM 4GB
サウンド 音声を聞くためのサウンド機能が必要
OS macOS XとmacOS 10.9以降
Windows 10
Windows 8または8.1
Windows 7
Ubuntu 12.04またはそれ以降
Mint 17.1またはそれ以降
Red Hat Enterprise Linux 6.4またはそれ以降
Oracle Linux 6.4またはそれ以降
CentOS 6.4またはそれ以降
Fedora 21またはそれ以降
OpenSUSE 13.2またはそれ以降
ArchLinux(64ビットのみ)
Surface PRO 2以上でWin 8.1以降
iOSとAndroidデバイスBlackBerryデバイス
ブラウザ Windows:IE 11+、 Edge 12+、Firefox 27+、 Chrome 30+
Mac:Safari 7+、 Firefox 27+、 Chrome 30+
Linux:Firefox 27+、 Chrome 30+
インターネット回線 インターネット接続−有線または無線ブロードバンド(3Gまたは4G/LTE)

※プログラム/名称などは予告なく変更する場合がございます。

>> トピックセミナー 一覧 に戻る

Ansys製品導入検討中の方へ

無料体験セミナー 一覧

より実践的な使い方を学ぶ

CAE技術トレーニング 一覧

解析トレンドや事例で知見を深める

トピックセミナー 一覧


ページトップへ