攪拌性能向上のためのCFD解析体験セミナー
〜内部の現象を「見える化」し混合過程を検証〜

複数の物質を「混ぜる」工程は産業界で広く利用されておりますが、撹拌不良などのトラブルが多く報告されています。実機でのトラブル対策も行われている一方で、撹拌挙動をCFD(数値流体解析)シミュレーションによって見える化し、対策検討する企業も増えています。CFDを対策に利用するには現象のモデル化や結果処理の方法など、CFDに関する様々な知識が必要となり、活用までには道のりは決して平坦ではありません。

そこでサイバネットシステムでは、CFDを撹拌槽の様々な問題に活用していただくべく、「攪拌性能向上のためのCFD解析体験セミナー 〜内部の現象を「見える化」し混合過程を検証〜」と題しました特別セミナーを企画・開催する運びとなりました。

本セミナーでは熱の問題、混相流や反応などの攪拌槽に着目したソリューションを紹介しつつ、撹拌槽解析の一連の方法を習得いただくことを目的として、皆様に体験していただくためのハンズオン形式でツールに触れていただきます。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

開催概要

開催場所 東京会場
開催会場 弊社 東京本社セミナールーム
[地図]
開催日時 2019年8月22日(木) 13:00〜17:00(受付開始 12:30〜)
定員 18名
対象 ・撹拌槽のトラブル対応にお悩みの方
・直接測定ができない撹拌槽内部の流れを可視化したい方
・撹拌機の混合性を理論的に検証したい方
・今後撹拌槽の流体シミュレーションに取り組みたいが、何からはじめたら良いか分からないCAE初心者・未経験者の方
受講料 無料(事前登録制)

アジェンダ

時間 講演内容
13:00-14:00 アンシスによる攪拌槽解析ソリューションのご紹介

アンシス・ジャパン株式会社

アンシス社ではANSYS Fluentを中心に,長年にわたり攪拌槽内の解析に対して熱流れだけでなく混相流や反応なども含んだソリューションをご提供し、設計に活用していただいております。
ここでは現状これらがどのように活用されているのかを事例を交えてご紹介し、また最適化や連成解析を含め実際的な活用が進みつつある新しいソリューションに関してもご紹介します。

14:00-14:10 休憩
14:10-16:45 攪拌槽解析 操作体験

サイバネットシステム株式会社
CAE事業本部 メカニカルCAE事業部 メカニカル技術部 メカニカル技術第4課
乙村 浩太郎

ANSYS CFDを使えば、様々な撹拌現象を解析することが可能です。 しかし、中には敷居が高い印象をお持ちの方や、取り組みに躊躇されている方々も多いのではないでしょうか。
そこで、操作の概要を掴んでいただくために、ここでは、CAD形状の作成やメッシングを含む流体解析の全体的な工程を体験し、撹拌槽解析方法の習得を目指したハンズオン形式のワークショップを実施します。

具体的には、以下のツールを使用したワークショップを行います。
・ANSYS SpaceClaim Direct Modelerによる形状作成
・ANSYS Meshingによるメッシュ作成
・ANSYS FLUENTによる撹拌槽解析と結果処理

16:45‐17:00 質疑応答&アンケートご記入
  • 上記の内容は若干変更される可能性がありますので、御了承ください。

参加申し込み方法

こちらからお申し込みください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ