アナログ・シミュレーションHyperLynx Analog

SPICE、VHDL、Verilog、その他の業界標準言語を使用したPCB全体の機能シミュレーション

完全にスケーラブルなアナログ回路のシミュレーションが可能なHyperLynx Analogによって、シミュレーションのパラメータや環境を正確に制御できます。

DxDesignerにミックスシグナルやアナログ回路設計のシミュレーション機能を搭載して拡張しているため、サイクル時間を大幅に短縮し、設計転写エラーをなくすことができます。

設計プロセスの早い段階で機能シミュレーションを実行することで、一般的なプロトタイプ作成をベースとしたプロセスに比べて、新たな回路技術の比較検討や部品コストと製造歩留まりの管理をより効率的に実施することができます。

特長

業界標準言語を使用したPCB全体の機能シミュレーションを実行

SPICE、VHDL、Verilog、Verilog-A、VHDL-AMSやVerilog-AMSなどの言語を使用して、業界標準のミックスシグナルのシミュレーション環境を提供

包括的な対話型波形ポストプロセス機能

内蔵の波形表示機能および解析エンジンによって、複数のカーソルと対話的なイベント検索機能を使った遷移時間の計測、特殊なダイアグラムおよびチャートの作成、波形ポストプロセスが可能

シミュレーションとPCB設計で1つの回路図を共有

回路図を共有することによって、設計転写エラーをなくし、製品を市場へ投入するまでの時間を短縮することが可能

技術仕様

解析機能を拡張して無駄を削減

HyperLynx Analogは、ミックスシグナルやアナログ回路設計のシミュレーションによってさらに高度な解析を実施し、開発サイクルの短縮化や無駄および製造コストの削減を実現します。

  • 使いやすい環境
    • ガイド付きシミュレーション- ツールバーがフローに沿って並んでいるため、設計者はそれに従ってシミュレーション手順を進めることができます。
    • プロジェクト・ブラウザ - HyperLynx Analogは、1つの設計ブロックに複数のテストベンチを使用できるテストベンチブラウザを備えており、DxDesignerで作成した複数の設計ブロックに対し、解析条件をさまざまに変えながら機能を検証できます。
  • データソースの定義 - シミュレーションのデータソースを回路図以外のソースを使用して定義することができ、PCBレイアウトの段階まで回路図の統一性を維持します。また、データソースの構成をそれぞれ変えて設定し、複数のテストベンチとシミュレーションを可能にします。
  • シミュレーション制御の一元化 - HyperLynx Analogでは、DC、AC、過渡応答の解析を1つのダイアログでセットアップできます。この基本シミュレーションをパラメトリック・スイープ、モンテカルロ、ノイズ、感度などの解析に応用することも可能です。複雑なコマンドの知識は必要ありません。
  • Webに公開されたシミュレーション・モデルを高速インポート - HyperLynx Analogは、インターネットで入手できる最新コンポーネントにアクセスするための豊富な機能セットを備えています。
  • モデルの編集 - HyperLynx Analogは、高度なアナログ設計者向けに構文チェック機能のあるテキストエディタを用意しているため、シミュレーション・モデルを簡単に作成、編集できます。
  • 包括的なモデリング・ソリューション
    • 複数の高品質なモデルを知的に分離されたライブラリにまとめることで、設計を高速化します。
    • SPICE標準に対応しており、コンポーネント・ベンダがWeb公開しているモデルを簡単にインポートし、迅速に設計に取り込むことが可能です。
    • ネイティブPSpiceモデル向けの変換ユーティリティも提供しています。
  • スケーラブルなシミュレーション・オプション
    • 内蔵SPICEシミュレータによる高速解析からIC業界で定評のあるEldo SPICEベースのシミュレーション・エンジンによる高度な機能や非常に高速なパフォーマンスに至るまで、柔軟なシミュレーション・アルゴリズムを幅広く提供しています。
    • SPICEをサポートする内蔵シミュレータは、一般的な商用SPICEシミュレータに比べて高い収束性と性能を誇ります。
    • シミュレーション・エンジンであるEldoのオプションを利用すると、HSPICEとの互換性とIBISのサポートが加わり、収束性と性能がさらに向上します。
    • ミックスシグナル領域の基板システム設計向けにオプションを拡張しています。シングル・カーネルのコ・シミュレーション・エンジンであるQuesta ADMSは、SPICE、VHDL、Verilog、Verilog-A、VHDL-AMS、Verilog-AMSをはじめとする業界標準言語によるミックスシグナル・シミュレーションをサポートします。
    • SPICE標準以外にもIBIS、VHDL、Verilog、Verilog-A、VHDL-AMS、Verilog-AMSなどの言語を使用して、各種のシミュレーション・ニーズに対応します。
    • EldoまたはQuesta ADMSのいずれかのシミュレーション・カーネルの最新版を使用している場合、HyperLynx SIとの連携によって、物理的なレイアウトからPCBトレースの寄生モデルを抽出し、機能シミュレーションに含めることが可能です。
  • 設計品質と製造性の向上
    • DC解析、過渡解析、周波数解析などの標準的な解析に対応しています。
    • コンポーネントの値とソースをスイープすることにより、コンポーネントの値を高速に最適化します。
    • 統計的なモンテカルロ解析とワーストケース解析は、回路性能に最も影響を及ぼすコンポーネントを特定し、コンポーネント間の許容差ばらつきを考慮して、設計歩留まりを予想します。
  • 高度な結果解析
    • 波形表示ツールは、設計を解析/検証するための対話型測定ツールです。デジタルとアナログのシミュレーション・データをコンパクトかつ効率的に保存する単一の波形データベース上で動作します。
    • 複数のシミュレーション実行結果を並べて比較できるほか、設計の全ノードを階層形式またはフラットな形式で表示して簡単にアクセスできます。
    • 複数のカーソルと対話型のイベント検索機能を使った遷移時間の測定、特殊なダイアグラムとチャート(アイダイアグラム、スミスチャート、XYプロットなど)の作成、ビルトイン関数(複合関数、論理関数、数学関数、三角関数など)やユーザ定義の関数による波形ポストプロセスが可能です。
おすすめセミナー

アナログ回路解析ツール体験セミナー 無料
近年、製品が小型化、低消費電力化していますが、設計者には短納期で品質を確保した設計が求められています。しかし、品質確保を実現するために、部品や電源のばらつきを考慮した設計や、実機での検証には限界があります。実際に、試作基板での誤作動により手戻りが発生し、対策に時間を要しているケースが発生しています。このような状況からシミュレーションによる事前検証の重要度が高まっています。本セミナーでは、回路設計段階シミュレーションを活用し、試作後の評価期間の短縮や、問題発生による手戻りを減らすための手段としてHyperLynx Analogを体験して頂きます。

お問い合わせフォームへ

 


お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ