光学用語集クリティカル照明(アッベ照明、臨界照明)

関連語:ケーラー照明

スライド上(被照射面)で均一な照度分布を得るための光学系(ただし、実際に一様分布を得るためには、一様な輝度分布の光源が必要です。)。Nelsonian照明、Source-Focus照明などとも呼ばれています。クリティカル照明は、Source-Focus照明とも呼ばれるように、光源像を被照射面に形成します。そのため、光源表面の輝度分布がそのまま被照射面の照度分布となるので一様性を得ることが難しく、さらにスクリーン上にも光源像を形成するので、照度むらが発生しやすくあまり利用されていません。均一な照度分布を得るための光学系としてケーラー照明とよく比較されますが、一様な照度分布を得るという観点からでは、クリティカル照明の優れている点はありません。ただし、照明効率が高いことと光学系が比較的簡易なことから、光学系全体の大きさやレンズ枚数に制限がある場合に用いられることがあります。


図.クリティカル照明系

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ