光学用語集球面収差(Spherical aberration)

光学系の口径に依存した収差。任意の画角光束内の、任意の高さの光線が評価面上で1点に集光しない収差のことを球面収差と呼びます。以下の関略図における△Sが球面収差です。通常、入射瞳上を通過する光線高さ D に対する球面収差量△Sをプロットして球面収差図を表示します。

球面収差が顕著なスポットダイアグラムの例です。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ