光学用語集画角(Field angle)

カメラのフィルム幅、望遠鏡の接眼レンズの視野角など、物理的に使用する画像の範囲を制約する絞りを視野絞りと呼びます。この視野絞りで制約された画面範囲を、主光線角度で表したものが画角になります。通常、視野絞りは開口絞りがその性質も兼ねていることが多いので、これを簡単に図で表すと、以下のようになります。


Y:画面範囲の半幅 H:主点位置 W:画角。実際は2Wが画面範囲。

画角定義の種類

物体高(YOBJ)物体面上での光源位置を光軸から点光源までの高さで表したものです。
物体側画角(YANG)物体空間で主光線(光源から出て入射瞳の中心を通る光線)と光軸の成す角度で表したものです。
像高(YIMG)像面上での像点の位置を光軸からの高さで表したものです。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ