光学用語集回折

関連語:干渉、波動光学、ホイヘンスの原理

光が拡がり伝播する現象、又は障害物の端から裏側に回り込む現象です。図のように、通常、光は直進します。しかし、その進行を遮るものがあると端部では回り込むように伝播します。これは、光の波動的な性質によるものであり、古くはホイヘンスの原理により説明されます。つまり、障害物の端部で発生する球面波は下方で他の球面波と重ね合わさることがないので、そのまま同心円状に伝播します。そのために、光が回り込んだように見えます。この現象は、キルヒホッフにより定式化され、さらに近似領域によりフレネル回折、フラウンホーファー回折などと分けられます。


図. 光の回折

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ