光学用語集フライアイレンズ

関連語:レンズアレイ

単レンズを縦・横に配列したレンズ体(レンズアレイ)であり、外観が蝿の目に似ていることからフライアイレンズと呼ばれています。集光スポットを配列するために利用します。また、液晶プロジェクタでは照射面で一様な照度分布を得るために、2組の偏心させたフライアイレンズを用いることがあります。1枚目のフライアイレンズで光束を分割し、それぞれの光束を2枚目の偏心したフライアイレンズにより照射領域に導きます。これによって、光源の輝度むらを分散させることができるので、照射面で一様な照度分布を得ることができます。


図1、フライアイレンズ

図2、光線の振る舞い(側面)

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ