光学用語集標準偏差

関連語:平均値、分散、誤差

統計的に数値データを扱う際に、データの散らばり度合いを表す数値です。標準偏差σは、下式のように、数値データの平均値と各データの差を2乗した値を足して、データ数で割り平方根をとった値になります。

ここで、Nはデータ数、 はデータ、 はデータの平均値です。数値データがある値にまとまっている(各データと平均値の差が小さい)と標準偏差は小さくなり、データが散らばっている(各データと平均値の差が大きい)と標準偏差は大きな値になります。

例として、光源の光束を測定した結果が、980[lm]、960[lm]、1030[lm]、990[lm]、1010[lm]であった場合を考えます。平均値は、

となります。そして、標準偏差σは、

となります。

<< 前へ | 次へ >>

お薦めリンク:光学基礎(入門)

光ってなんだろう!?
小学生にもわかる、光についての基礎的な話を紹介します。

いまさらきけない光学計算
光学ソフトウェアを、不安なく使うために必要な「光学」やその「計算過程」などを紹介します。

A君のレンズ設計物語
レンズ設計の初心者 A君がレンズ設計を学んで行く物語を連載しています。
「何故凸レンズと凹レンズが必要なのか?」「設計ツールが無いと単レンズさえ設計できない・・・」などお悩みの方にお勧めです。

光学用語集 一覧

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

 


お問い合わせ