落下・衝突解析錠剤の落下挙動 

  • 錠剤の耐衝撃性を予測したい。
  • 錠剤が床面に落下衝突した際の応力状態を確認したい。

錠剤を床面から100mmの高さに初期配置し、自由落下高さ900mm相当の初期速度を定義しています。これによって床面に衝突するまでの計算時間を短縮しつつ、約1mの高さからの落下衝撃を表現しています。また、この事例では2パターンの落下角度でシミュレーションを行っており、錠剤の姿勢によって衝突後の挙動が大きく異なる事が分かります。

解析モデル

図.錠剤のメッシュ

解析結果

アニメーション


クリックで動画再生

最大主応力(コンター図)


クリックで拡大表示


アニメーション
(落下角度を変更)


クリックで動画再生

最大主応力(コンター図)
(落下角度を変更)


クリックで拡大表示

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用


関連キーワード

関連情報

製薬・食品業界のための解析事例

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ