[爆発・衝撃解析]ANSYS Autodyn

製品概要

ANSYS Autodynは、爆発・衝撃をはじめとした非線形時刻歴応答解析専用ツールです。
陰解法ソルバーを採用した有限要素法解析ツールとは異なり、収束計算を必要としない陽解法ソルバーを採用しているため、落下・衝突のような非線形性の強い問題を扱うことが可能です。

特長

  • 旧Century Dynamics社(現ANSYS社)によって開発された高速・超高速ひずみ速度問題を得意とする陽解法ソルバーを搭載しています。
  • 落下、衝突解析の他、爆発、衝撃波などの超高速な問題に特に強みを発揮します。
  • CADインターフェースや、メッシュ生成、最適化など、ANSYS Workbenchの各種モジュールを使うことができます。
  • Workbench MechanicalのGUIと、プリ/ソルバー/ポストプロセッサが統合された専用GUIの2種類を提供しています。(Workbench Mechanical版は一部機能が制限されます)
  • 流体-構造連成解析を行うことができるため、爆発による構造物の破損状況なども解析することができます。

解析機能

ソルバー

多数のソルバーを搭載しています。

  • ラグランジュソルバー(FE)
  • オイラーソルバー(CFD)
  • ALEソルバー
  • メッシュフリーソルバー(SPH)

解析機能

各種ソルバー間での連成解析が可能です。
気体/液体/固体の解析、それらの相互作用を考慮したシミュレーションが可能です。

材料モデル

  • 状態方程式
  • 材料構成則
  • 破壊則

材料データベース

豊富な材料データベースを標準装備しています。

解析例

鉄筋コンクリートの破壊解析

鉄筋コンクリートへ飛翔体を衝突させ、コンクリートの破壊状況を確認した解析事例です。メッシュフリー法(SPH)を使用し、コンクリートの破壊状況を確認しています。SPH法はラグランジュソルバーと比較すると解析時間が多く必要となるので破壊する領域のみをSPH、その他はラグランジュソルバーを使用して解析を実行しています。

液体が含まれたボトルの落下解析(FSI解析)

液体と気体が含まれたボトルを落下させた事例です。
固体であるボトルは「ラグランジュソルバー」、中の液体は「オイラーソルバー」を利用し、流体と固体の相互作用による影響を解析しています。

関連資料

爆発をシミュレーション ANSYS Advantage Volume IV Issue 1 2010
バードストライクのシミュレーション ANSYS Advantage Volume X Issue 2 2016
数値に基づいた安全確保 ANSYS Advantage Volume VIII Issue 3 2014

解析事例

解析事例によっては、プロダクト以外の事例も含まれております。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ