FSI 解析(流体-構造連成解析)ダイアフラムポンプの挙動解析事例

  • ダイアフラム変形時の内部応力を評価したい
  • ダイアフラムポンプの流量変化を事前に把握したい

流体構造連成解析の手法を用いて、ダイアフラムポンプの挙動を解析した事例です。 こちらの事例では、ダイアフラムを非線形材料として定義し、またダイアフラムの流入口/流出口に設けられたバルブの挙動を表現するために、FLUENTのDynamic Mesh Events機能(ダイアフラムの挙動と連動して、開閉のタイミングを定義)を使用しております。

また一連の解析セッティングはすべてANSYS Workbench環境で行うことが可能です。

なお、今回の事例では流体解析をANSYS FLUENT、構造解析をANSYS Mechanical、連成解析手法としてSystem Couplingを使用していますが、流体解析ツールとしてANSYS CFXを利用して連成解析を行うことも可能です(バルブの開閉はConditional GGI機能を使用します)。

解析結果

ダイアフラムポンプの変形量

ダイアフラムポンプの応力分布



ダイアフラムポンプ内部の流れ(ベクトル図)


解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ