落下・衝突解析端子と電線の圧着解析

  • ワイヤー端子の圧着工程でのかしめ不良を回避したい。
  • 圧着か交互のクリンプハイトを予測したい。
  • 大きな変形と複雑な接触を伴う問題を解析したい。

端子と電線に対して工具を押し付けて圧着する解析です。
圧着開始から圧着後の変形過程を、時間を追って詳細に観察できます。
圧着後の形状から、圧着加工上の重要な管理項目であるクリンプハイトを測定できます。
任意の断面で結果を表示できますので、様々な箇所におけるクリンプハイト測定が可能です。

この解析では陽解法を使用しています。端子の塑性変形や電線の複雑な接触が含まれていても、収束性を気にせずロバストに解くことができます。

解析モデル

図.モデル

図.モデル

図.モデルのメッシュ図

図.モデルのメッシュ図

解析結果


端子と電線の変形図
Courtesy of Tyco Electronics

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用


関連キーワード

 

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ