ANSYSについて

CAEとは? 導入効果 国内・海外ユーザー事例 価格について

ANSYS のマルチフィジックスソリューション

ANSYS のマルチフィジックスソリューション


自動車、家電、エレクトロニクス…ものづくりに投入されるテクノロジーは複雑になり、製品開発の段階で検証すべき物理現象もますます高度になっています。 
そうした中、多くの業界において、限られたコストと開発期間の中で開発要求を満たすために、CAEは必要不可欠な存在になりました。 
ANSYSは、世界中の企業・研究機関で導入されているマルチフィジックスCAEです。構造・振動・伝熱・電磁場・圧電・音響・熱流体・落下衝突・回路・システム解析、またこれらを組み合わせた連成解析機能を、使い勝手のよい共通の操作環境「ANSYS Workbench」上でお使いいただけます。 

ANSYS社について

ANSYSの開発元、ANSYS社は、1970年にSwanson Analysis Systems社として設立され、航空宇宙、自動車、機械、電機、電子、医療工学など幅広い産業の製品開発に携わるエンジニアや設計者のためのシミュレーションソフトウェアを 開発、全世界へ提供してきた、CAEのリーディングカンパニーです。

ANSYS製品は、Fortune誌による「Fortune Global 500」の上位100企業中、96社が採用しています。またANSYS社自身も、「ビジネスウィーク」や「フォーチュン」などの権威あるメディアにより、世界で最も革新的な急成長企業の1つとして認められています。

開発元ウェブサイトへ

ANSYS社の品質への取り組み

有限要素法プログラムで世界初のISO9001認証取得

ANSYS社は、年間収益の15%を研究開発費に投じており、既存の機能向上、新機能の追加、および先進のコンピュータハードウエアへの対応など、たえまなく改良を続けています。 1995年4月には、CAEでは世界で初めてISO規格に認定されました。米国機械学会(ASME)の原子力品質保証(NQA)基準を旧くから満たしており、QAエラー・レポートをユーザーに通知するシステムも業界に先駆けて開始しています。

ページトップへ