リリース情報EnSight Version 10.0

EnSight Version 10.0のリリース情報(主な新機能や改善点)を説明しています。

リリース概要

EnSight Version 10.0

本バージョンでは操作性を向上するためにユーザーインターフェースの大幅な改良が行われています。

リリース日

2012年6月4日

主な新機能 & 改良点

インターフェースの改良

ユーザーインターフェースの大幅な改良が行われました。
新たにフローティングパネルを採用し、マウスドラッグでパネルを分離したり、画面の左右枠にドッキングさせるなど、利用者の好みに応じたメニュー配置にカスタマイズできるようになりました。また、モデル、注釈、ビューのモード切り替えがシームレスになり、より直感的に操作できるよう改良されています。この他、メニューの多言語化(英語/日本語/中国語)も行われています。


パネルカスタマイズ例


日本語メニュー

プロット機能の強化

複数成分を同一グラフに表示できるなど、機能やパラメータの仕様がより利用しやすいよう改良されています。

  • 異なる変数の同一グラフ化(第2座標軸)

    複数変数表示例
  • X、Y軸のスワップ(1ボタンクリックで切り替え可能)
  • グラフ属性のコピー&ペーストと、属性を管理するスタイルマネージャーの搭載
    (統一感をもったグラフを簡単に作成可能)

    スタイルマネージャー
  • 配置や文字サイズ変更時に内部配置の自動調整機能
  • クエリデータの外部出力強化
    (クリップボード経由で他ソフトに貼り付け可能)

    クエリ取得値の外部出力メニュー

ボリュームレンダリング機能の強化

少ないメモリでより速く処理できるよう、非構造格子型のデータを構造格子型に補間変換する機能が追加されました。


STAR-CDによるエンジンの燃焼解析結果のボリューム・レンダリング表示

その他、改良機能


  • グループ化例
    複数階層をもったパートのグループ化
  • 同時に扱えるCaseファイル数の拡張
    (16個→32個)
  • 変数名として利用できる文字数の拡張
    (20文字→50文字)
  • 多面体要素利用時のメモリ使用量低減
  • SCRYU/Tetra、STREAMダイレクトインターフェースの追加
  • Ansys、NASTRANリーダーの改良
  • 定期的に作業状況を自動保存するチェックポイント機能の追加

など



EnSight製品カタログ