タービンの流体解析結果の可視化

概要

米国 UTC/Pratt & Whitney Rocketdyne社とBoeing社では、設計と性能評価を支援するために、様々な段階でのタービン流れの非定常流体解析が日常的に実行されています。この数値計算はBoeing TIDAL (Time Iterative Density/pressure-based ALgorithm)コードを使って行われました。

解析の種類

流体解析

データ提供

UTC/Pratt & Whitney Rocketdyne, The Boeing Company

その他の航空機分野の適用事例


EnSight製品カタログ